いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<住んでから後悔>購入前に知りたい!住宅の設備で失敗したもの、やっておきたいものはなに?

059_ママ(単体)_Ponko
家はとても高額な買い物なので、失敗したくないと思ってしまうものですよね。しかし実際に住んでみないと、「失敗」には気づかないのでしょう。ママスタコミュニティのあるママも住宅を購入するようで、他のママたちからアドバイスが欲しいようです。

『注文住宅で、間取りや外構を含めて「失敗したな」と思う設備や仕様を教えてください。建売の方もここは使いづらい! があればお願いします』

購入前と実際に住んでからでは、ギャップを感じることもあるのでしょう。住んでみて初めて気づくことも多いのかもしれませんね。使いやすい設備などもありますが、直したいところも出てくるようで、他のママたちも後悔していることがあるそうです。

配置や大きさも気にしたい「窓」

『入り口近辺の大きい窓。家の中が丸見え。普通の窓でいい』

『隣近所の動線を考えて窓は配置するべきよ。例えば自分の敷地からすれば裏手の塀と塀の隙間でも、近所の人の徒歩での抜け道になっていたりするからね』

『窓の位置。近所の家の窓と向かい合っていて嫌。大きい掃き出し窓をたくさんつけたら、家具が置けなくて困った』

窓は日光や空気を入れるのに必要ですが、つける場所によっては他の人から家の中が丸見えになってしまうこともあるようです。仮に見られていなくても、なんだか気になってしまうものですよね。また窓があって家具が置けなくなることも。実際の生活で使うものの置き場所をイメージしながら、窓の位置や大きさを決めていくことも大切になってきそうです。

少なくても多くても困る「収納」

『LDKのある階。リビングを広くすることにばかり気を取られて、この階だけ収納を作らなかったこと。後から隙間家具を買ったり、パントリーを自作したりした』

『目一杯収納を取りすぎて壁がない』

収納は家の中をすっきりさせるためにも必要ですが、少なすぎても多すぎても不便になってしまうそうです。収納を作るとその分部屋のスペースが狭くなってしまいますよね。また壁がなくなったり、圧迫感が出てしまったりするのかもしれません。逆に収納が少ないと物が増えたときに入れる場所がなく、新たに作ることになったママもいました。

開放感はあるけれど意外と不便な「吹き抜け」

『私はリビング・ダイニング・客間の吹き抜けと丸窓。吹き抜けは見映えだけで冷暖房の効率が悪くなる。丸窓は吹き抜けのところに作ったから、掃除ができずに毎回業者。無駄だったかも……と後悔』

『吹き抜け部分は天井高にして部屋にすればよかった』

吹き抜けは開放感がありますし、部屋が広く見えるメリットがあります。しかしその分空間が広くなってしまい、冷暖房がききにくくなってしまうようです。さらに吹き抜けの天井についている照明は電球の交換が難しく、窓の掃除も自分ではできないこともあるようですね。吹き抜けにするのではなく、その分部屋を作ったほうがよかったという意見もありました。

キッチンでも後悔しちゃうことがある

『キッチンのクロス。水拭きできる壁をもっと広めて、凸凹がないクロスにすればよかった』

『食洗機は大きい方がいい。先に家を建てた友達が、食洗機はたまにしか使わないよと言っていたのを信じて普通サイズにしてしまった。でも、使い始めたら便利で毎日フルで使っている。鍋やフライパンまで入る大型にしておけばよかったと後悔したよ』

調理や洗い物をするキッチンでも、気をつけたいことがあるようです。あるママの場合には、キッチンクロス。掃除のことを考えると広さやデザインにも注意したほうがよさそうです。また食洗機もお皿だけではなく、鍋やフライパンが入るサイズにすると便利なのだそう。例えばカレーを作った後の鍋はスポンジでは洗いにくいので、食洗機が使えると便利ですよね。

コンセントは多めにつけたほうがよい!

『コンセントをたくさんつければよかった。遠いと延長コードを使わなければならない。今からコンセントを増やすとなると壁を壊すなど大工事』

『やっぱりコンセントの位置。後付けは大掛かりになるから初めにたくさんつけておいたほうがよい。まさかこんなところには、いらないよねという場所にこそ必要。後になって模様替えをしたり、置き型の家電を置いたりして、あぁここにコンセントがあればよかったのにねーとなる』

コンセントは家電を使う際に必要になるので、多めにつけておいたほうがよいとの意見がたくさん見られました。住み始めてから新たな家電が増えたり、模様替えをすることも考えて、いらないだろうと思う場所にもコンセントはつけておいたほうがよさそうです。また掃除機をかけるときにも、コンセントがたくさんあれば掃除機のコードを挿し替えて部屋中の掃除ができるでしょう。

『階段の踊り場と上がったところにコンセントはいる』

『玄関。靴の乾燥機を使うから便利』

具体的にどこにコンセントがあると便利かというと、階段の踊り場や階段を上がったところ、玄関というコメントがありました。階段は掃除をする際に必要になるのでしょう。玄関では靴乾燥機を使うときに役立つそうです。

快適な家を目指してママたちの意見を取り入れてみて

これから家を建てるママは、自分の理想があることでしょう。そして何が便利なのかなと考えつつも、譲れない設備が出てくるのでしょう。一方で多くの意見を聞くと、当初憧れていたものが実はあまり活躍しないこともわかってきます。住宅の設備に正解はないのですが、設置するにはお金がかかりますし、そう簡単に直せるものではないので、納得するまで考える時間を作ることも大切になってきそうですね。家族の意見も取り入れて、みんなが快適に過ごせる家ができるといいですね。

文・こもも 編集・みやび イラスト・Ponko

【つぎ】の記事:<図々しい義姉>信じられない!怪我をした母に甥っ子を預けるなんて「おおげさですよ」【前編まんが】

こももの記事一覧ページ

関連記事

いつでも部屋がすっきり&片付いている!掃除と収納「5つのコツ」とは
「片付けても、片付けても部屋が散らかってしまう」「子どもの世話や仕事で疲れているのに、部屋を片付ける気力がない」という経験はありませんか? 片付けようにも、どこから手をつけたらいいものか……なん...
おしゃれな家を目指しているのになぜか残念な雰囲気が漂ってしまう……その原因とは!?
マイホームを購入したママたちのなかには、インテリアを自分好みの雰囲気にできるのが嬉しいという人もいるのではないでしょうか。賃貸と違って自分たちで自由に手を加えられるため、部屋にお気に入りの家具を揃...
家の中がごちゃごちゃだけど片付け・掃除をやる気が起きない……一風変わったモチベーションの上げ方
家の中が散らかっていると片付けなきゃという気持ちは湧くけれど、肝心のやる気がさっぱり出ない……。そんな経験はありませんか? 家族がいれば尚のこと、自分が片付けをしても他の誰かがモノを増やすし、...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
注文住宅で、失敗したなーと思った設備や仕様。