いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

<旦那が行方不明>私は浮気相手に負けました。よその家庭を壊して笑う女【第5話】

502_旦那_Ponko

前回からの続き。帰ってこなくなった旦那の携帯に「るみ」という女性からのメッセージが届くようになりました。浮気を疑い、問い詰めましたが、旦那はごまかすだけではっきりと誰かは教えてくれません。家庭を守ることにただ一生懸命の私は旦那に、「家庭に戻って欲しい」と懇願しました。けれど「泣く女は面倒くさい」と一蹴されてしまいました。そんな中、絶えないるみからの連絡。とうとう私は旦那の電話で彼女に電話を掛けてしまいました。

「RRRRRRR……、RRRRRRR……」

静かで真っ暗な廊下で、眩しく光る携帯の画面から大きな発信音が聞こえてきます。私の心臓は張り裂けそうなくらいにドキドキしていました。早く出て……私がこの通話を切ってしまう前に……。

「はい、はーい! どうしたの~?」
明るい声の女性が電話に出ました。「出た!」私は頭にカーっと血が上るのを感じ、大きな声が出そうになりました。だめ、冷静にならなきゃ……。

「こ……こんばんは。夜分に失礼します。あなた、るみさんですよね? この電話の持ち主は私の主人です。 私、佐藤の妻です」
胸が苦しくて、声がうまく出てくれない……。

「えっ? あ……どうも。えっ、今何時? あぁ2時か……あ、今私寝てたんで」
「お休み中のところ起こしてしまって申し訳ありません。ちょっとあなたにいろいろ聞きたいのですが」
「あっ、大丈夫です~。あーこんな時間かぁ~。よく私起きたな~(笑)」

浮気相手の妻からの電話だというのに、この態度……。心の中で「軽っ! なんなの、このテンション」と毒づいてしまいました。しかしここで喧嘩になっては、聞きたいことが聞けなくなる。我慢して、私……。とにかく、るみから話を聞かなきゃ。私は会話を続けました。

「主人から『好き』とか『付き合おう』とか言われてるんですか?」
「うーん、どうだろ……?」
「主人があなたに『一緒になろう』とか、そういうことも言っていないんですか?」
「でも~うちの子どもも彼にすごく懐いてて。まぁそういうことになりますかねぇ~」
「うちの子ども」って、子どももいるの!? 懐いているって、一緒に遊んだりしているってこと!? 頭が混乱してきて、何を話していいかわからなくなってきた……。しかし旦那をこの女に渡すわけにはいかない。

「あの……うちの主人ですし、うちには子どもも3人いるんですが……」
「あなたとは別れるって聞いてますけど……?」
「え? いやいや全然別れないですから! 私は別れるつもりはありませんし、それはありえないですよ?」
「あはは。でもそう聞いてるんで~! あはははは!」

笑っている……。私の家族を壊すようなことをしておきながら、この女笑っている。罪悪感すら持ち合わせていない相手に、もう以上話しても無駄だ。そう思った私は、

「もううちの主人に連絡を取るのはやめてください! 失礼します!!」

一方的に言いたいことを言って電話を切りました。

電話を切ったあと、私は「はぁ……、はぁ……」と肩で息をしながら、でもやり切ったという疲れからかその場に座り込んでしまいました。しかしまだ興奮は収まりません。震えた手に握った旦那の携帯、このまま寝ている旦那に投げつけてしまおうか……。何回かの深呼吸のあと、少し冷静になった私はすぐにLINEのトークボックスからこの通話履歴を消去しました。履歴が消えたのを確認して私の胸にこみ上げてきたのは「言ってやった」という満足した気持ちと、人の家庭をめちゃくちゃにしておいて、飄々とした口調の女への怒りを超えた感情。目に涙が貯まってくるのを感じながら私は、

私はあの女に負けたんだ……。
あんな人の痛みも感じられないような女に、大好きだった旦那を取られたんだ……。

そう思ったら悔しくて、情けなくて。私は、旦那の携帯を握りしめながら、声を押し殺して泣きました……。

<編集部コメント>
意を決して、「るみ」に電話を掛けたゆき。そうとう悲しく嫌な思いをしているゆきに、相手の女性は軽い口調で、深刻に受け止めようとはしませんでした。それどころか自分の子どもとサトルが仲よく遊んでいると言い出したのです。まさか子どものいる女性と親密なつき合いをしているなんてとゆきはショックを受けます。3人のわが子をほったらかしにして、浮気相手の女性と子どもと家族のように楽しんでいるのでしょうか。旦那さんの浮気相手が、子どもを持つ女性だったら、ママたちはどう感じますか? 独身の女性との浮気以上に、打ちのめされる部分があるのかもしれませんね。

【第6話】に続く。

文・渡辺多絵 編集・編集部 イラスト・Ponko

※この話は体験者本人のご協力の元作成しています。

関連記事

<旦那が行方不明>久しぶりに旦那が帰ってきた!家族で楽しい食卓になったのに【第6話】
前回からの続き。家に帰ってこなくなった旦那の携帯に、親しげなメッセージを送って来る「るみ」という女性に、思い切って私は電話を掛けてみました。でも彼女はちっとも悪びれることなく旦那とのつき合いを...
<旦那が行方不明>家に帰ってこなくなった旦那。3人の子どもと私を置いて……【第1話】
旦那との馴れ初めを話すと「初恋の人と結婚しちゃったなんて、すごーい! あこがれるわ」そんな風に言われることもある私・ゆき。初恋の人だったかどうかはともかく、私と旦那・サトルは中学校の同級生でし...
失踪日記 に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那が週に2~3日しか帰って来なくなりました