いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<空気の読めない旦那>ひとりきりの義母「寂しいはず」「いてあげたい」入り浸る旦那【第3話まんが】

前回からの続き。数年前の話です。私は西田メグミです。先日義父が亡くなりました。長い間義父のために尽くしてきた義母には、これからはゆっくりしてもらいたいと思います。しかし旦那アツシは「母さんのそばにいてあげたい」と頻繁に実家を訪れるようになりました。
訪問旦那3_出力_001

訪問旦那3_出力_002

03_03_04
アツシが母想いなのは充分伝わるのですが、何だかいろいろ空回りをしている気がしてなりません。けれど親子の関係は本人たちにしか分からないし、私が下手に口を出しすぎてもな……と黙っておくことにしました。義実家通いはしばらくアツシの意思に任せようと思います。

【第4話】へ続く。
脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<空気の読めない旦那>母を思い「皆で住めば寂しくない!」同居の決意【第4話まんが:旦那の気持ち】
前回からの続き。数年前の話です。俺は西田アツシ。先日父さんが亡くなった。母さんはずっと家族と一緒にいたから、いきなりひとり暮らしになってしまって……絶対に寂しいはずだ。長男の俺がそばにいてあげなくちゃ...
<空気の読めない旦那>義父が亡くなった!「以心伝心の仲」だった義母の悲しみは……【第1話まんが】
数年前の話です。私は西田メグミ、2人の子どもを育てるママです。旦那アツシと結婚して義実家の近くに住んでいます。 義母は子どもを2人育てていてアツシが長男、次男のリョウタさんは現在独身でひとり...
<熟年離婚したい>家事育児に非協力的な旦那が定年退職。今こそ伝える心【第1話まんが:私の気持ち】
1年前の話です。私は、旦那が定年退職をして1年後に離婚を申し出ました。なぜこんなことになったかというと……。 うちの旦那はいわゆる仕事人間で、休みの日もしょっちゅう仕事をしていました。22歳で結...