いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<空気の読めない旦那>息子にズバッ「同居しない」自分の時間が欲しい【第5話まんが:義母の気持ち】

前回からの続き。数年前の話です。私は60代半ばの西田ショウコです。先日夫が亡くなってひとり暮らしになりました。大切な配偶者を亡くしたことはもちろん悲しかったのですが、私はようやくこれから「自分の時間」を過ごすことができる……と思ったのです。ところが息子アツシがいきなり「母さんのために同居する」と言い出し、妻メグミさんを呼んで説得しはじめました。
05_01

訪問旦那5_出力_002
訪問旦那5_出力_003

05_04
アツシは今まで「私のため」と思って実家に通ってくれていました。その気持ちが分かるからこそ、私もハッキリと「来ないで」とは言い出しにくかったのです。「来なくていい」と言っても前向きなアツシのことです。「母さんは遠慮している」と思っていたのでしょう。今回はメグミさんにも来てもらって、自分の思いをキッパリ伝えることができたので良かったです。アツシ、気持ちだけは受け取っておくからね。どうもありがとう。

【第6話】へ続く。

脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<空気の読めない旦那>自由を得た義母「ひとりの生活楽しみたい」空回り気づいた旦那【第6話まんが】
【第1話】から読む。 前回からの続き。数年前の話です。私は西田メグミです。義父が亡くなり、旦那アツシは「母さんが寂しいはずだから」と義実家に毎日顔を出していました。勝手に同居の決意までしていたようで...
<空気の読めない旦那>義父が亡くなった!「以心伝心の仲」だった義母の悲しみは……【第1話まんが】
数年前の話です。私は西田メグミ、2人の子どもを育てています。旦那アツシと結婚して義実家の近くに住んでいます。 義母は子どもを2人育てており、アツシが長男、次男のリョウタさんは現在独身でひとり...
<ご近所宅に22時集合?>引っ越し早々、ご近所さんと仲良くなる夫「距離感が心配」【第1話まんが】
私はユリコ、30代の専業主婦です。夫のヒロシ、長女のアカリと一緒に郊外へ引っ越してきました。私は妊娠7ヶ月でもうすぐ長男を出産する予定です。 夜遅くによその家にお邪魔してゲー...