いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<加齢のメリット>年齢を重ねるのは悪くない!おばさんになって良かったことは?

055_ママ(単体)_森乃クコ
人は生きている限り、年を重ねていきます。若い頃にはなかった白髪やシワが出てきたり、体型が変化したりと見た目が変わってくることも……。だんだん「おばさん」と呼ばれるようになり、それをショックと捉えることもあるでしょう。一方で「おばさん」になるからこそ良いこともあるかもしれませんよ。

『おばさんになって良かったこと、何かある?』

ママスタコミュニティのあるママから、こんな質問がありました。長く生きているなかでは見た目の変化だけではなく、心の変化もあったのではないでしょうか。他のママたちは、おばさんになってどんなことが良かったと思っているのでしょう。

周りの目を気にしなくなった

『良くも悪くも開き直れるようになった』

『若い子から見たらデブスおばさんなんだろうけれど、それでも何ら平気! ダサい服でもスーパーに買い物に行けます』

若い頃は、他の人が自分をどう見ているのかが気になっていたママもいるのではないでしょうか。少しでも美しく可愛く見せたいと思って、もしかしたら体型に合わない服を着たり、無理にヒールの高い靴を履いたりしたのかもしれませんね。でも年齢を重ねた今は、周りの目が気にならなくなったので、ラフな格好で買い物に行けるようになったママもいるそうです。虚勢をはらずに生きられるようになったのではないでしょうか。

背伸びをしなくなった

『若いときは無理に人脈を広げようと努力したり、好きでもないファッションやメイクに力入れたりしてしんどかったな。今は人付き合いは必要最低限、ファッションやメイクも人に不快感を与えない程度でOK』

『精神が安定した。若い頃は何か尖っていて疲れた』

若いときには自分をよく見せようとして、背伸びをしてしまうことも。また無理に背伸びをしていたとしても、そんな自分がかっこいいと思えいたのではないでしょうか。「もっと素敵に」「もっとかっこよく」と思って、さらに無理をする場面もあったのでは……? でも年齢を重ねると、無理をせずに本来の自分を受け入れることができるのかもしれませんね。

自分の魅力がわかるようになった

『美しい人と自分は全然違うけれど、自分にも誇れるものはある、という自己肯定力が養われたことかな。諦めなのか、なんなのか。昔は顔がでかくて足が太い自分が嫌で嫌で仕方なかったけれど。性格もひねくれていたし。今は美しい人、若くて可愛い子は素直に綺麗だね、羨ましいわと思えるけれど、私にもこんな良いところがあるぞ、と胸を張れる』

人それぞれ魅力が備わっているものですが、若いうちは他人と比べてしまうこともありますよね。他の人のいいところばかり見えてしまって、自分の魅力に気づかないこともあるのでしょう。年を重ねた今は、他の人の魅力を認められるようになったようです。その上で年相応の自分の魅力にも気づけているので、堂々と胸を張れるようになったそうですよ。

許容範囲が広くなった

『人の話を聞くようになった。ムカついても我慢できるようになった』

『旦那に対して、家族に対して無視したりイライラしなくなった』

『他人に関しても寛容になれるようになってきた』

年齢を重ねると、その分人生経験も豊富になってきます。日常生活で以前はイライラしていたことがあっても、今はどうってことないと思えることもあるのかもしれませんね。よく「丸くなった」という表現も使われますが、人に対して優しくなれたのではないでしょうか。

自分の意見を言えるようになった

『図太くなれた』

『考えていることが多くて言いたいことが言えなかったけれど、言えるようになってきた』

自分の意見をはっきり伝えることは年齢を問わず大切なことですが、若いときには恥ずかしいと思ったり、言いづらいと感じてしまうこともあります。また他の人と違う意見を言ってしまうと疎外感を感じる場合もあり、自分の意に反して他の意見に賛同してしまうこともあったのではないしょうか。ところが、ある程度の年齢に達すると、自分の意見をきちんと伝えられるようになる人もいるのだそう。もしかしたら人生経験を積み、それが自信につながっているのかもしれませんね。

金銭的に豊かになった

『お金に余裕ができた』

ママが年をとるということは、旦那さんも同じように年を重ねています。会社でも管理職になったりと立場が上がっている場合もあるでしょう。そうすると収入も増えますから、金銭的な面で余裕が出てきます。また子どもが自立をしてお金がかからなくなっているケースもありますから、夫婦で生活をするには十分なお金があるのかもしれませんね。

「おばさん」にも魅力はある。年をとるのは素敵なこと

年齢を重ねると外見が変わってきたり、体力が落ちたりと若い頃とは違ってきます。それは誰もが経験することなので、嘆いても仕方ないことかもしれません。しかし対人関係の許容範囲が広がったり包容力がついたりと、年相応の良い変化もあります。少しのことに動じることなく、ドーンと構えられるのも「おばさん」の魅力かもしれませんね。人生経験を重ねたからこその人としての魅力も備わっていますから、おばさんになったこれからの人生を楽しむのも良いのではないでしょうか。

文・こもも 編集・きなこ イラスト・森乃クコ

【つぎ】の記事:<義母が嫁に批判?>突然のネガティブ発言「娘はお嫁に行っちゃうから」女の子はダメ?【前編まんが】

こももの記事一覧ページ

関連記事

初めて「おばさん」と呼ばれるとショック!他人から見て「おばさん」の境界線はどこ?
『まだまだ若いつもりでいますが、「おばさん」と呼ばれる日が近づいている気がします。みなさんは、いつから「おばさん」と呼ばれましたか?』 「おばさん」。怖い言葉ですよね。何が怖いかと具体的に説明は...
<年齢のせい!>これってもしかして老化……?もっともショックを受けた「老化現象」といえば何?
時間の経過とともに進む老化。これは誰にでもやってくるものですから、仕方のないことかもしれません。でもふとした瞬間に「老化」を感じ、ショックを受けることもありますよね。ママスタコミュニティのあるママ...
思わず同感!「私もおばさんになったな」とママたちが感じる瞬間とは?
仕事や家事、育児に奔走中のママのみなさん、ふと「私、おばさんになったな」と思う瞬間はありませんか? 筆者は先日、夫に最近のアイドルグループがみんな似たような雰囲気で同じに見えるという話をしたところ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
おばさんになって良かったこと