いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<怖い義母……>時代は変わる「すまなかった」妻にできる償いとは【第15話まんが:義父の気持ち】

前回からの続き。今から5年前のお話です。俺は家業を継いで長年懸命に働き、気づけばもう70歳になる。妻は息子夫婦に「跡取りを産めない嫁はいらない」と言い、強引に別れさせようと画策していた。その結果、息子も、嫁も、可愛い孫娘たちも離れていってしまった。俺は妻を止められなかった責任を感じている。
まんが

やり方こそ大いに問題があったが、思い返せば妻は「大山家の嫁」として俺の母親からの言いつけを守っていただけ……。息子夫婦との間に入ってとりなすことができなかった自分が不甲斐ない。
義母が旦那にお見合い話15−2修正
義母が旦那にお見合い話15−3

15_04
時代とともに社会における人々の役割が変化していく。「変わった方がいいもの」も「変わらない方がいいもの」もそれぞれあることだろう。しかしそれを決めるのは、先人の想いを受け取って繋いでいく次の世代の役割なのかもしれない。まだ社会に根強く残っている昔のしがらみを断ち切る方法があるとするならば、それは「次世代に持ち越さない」ことだ。俺はタツヤの決断を潔く受け入れ、妻と2人で生きていこうと思う。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
【つぎ】の記事:<親の老後問題>義母が突然「金銭援助してほしい」わが家も余裕はないのに【前編まんが:私の気持ち】

バナー
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<若い夫婦>大丈夫?就職後すぐ結婚を決めた息子。本人が決めたなら……「応援する」【第1話まんが】
今から数年前の話です。ある日、ひとり息子のリュウイチが、「結婚する」と言い出しました。 息子は昔から一度決めると頑なに譲らないところがあります。しかしそんな急に結婚だなんて……。私たちは...
<怖い義母……>家業を継ぐ旦那と結婚「しっかり頼みますよ」手を握ってきた義母【第1話まんが】
今から5年前のお話です。4歳年上のタツヤとは友人の紹介で知り合いました。優しく思いやりのあるタツヤと、互いに結婚を意識するのに時間はかかりませんでした。タツヤはいずれは会社を辞めて家業を継ぐつもりでい...
【家を買ったら、兄が狂った……】娘が新築マンション購入!でも懸念点が……<第1話>#4コマ母道場
みなさんは兄弟、姉妹との仲は良好ですか? もしも仲が悪いとしたら、その原因は今でも覚えていますか? 今回はある家族のお話です。 第1話 新築マンションを購入 【編集部コメント】 ...