いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<産後の恨みは一生>出産後に言われた、義母の一言「いったい何してたの?」「え……」【前編まんが】

私は先ほど、里帰りで男の子を出産したばかりです。はじめての出産、しかもコロナ禍ということもあり、旦那の立ち会いができない状況でした。はじめての陣痛にのたうちまわり、何度「もうダメ……」と思ったことでしょう。こんなときに旦那が側にいてくれれば……そう思っていました。でも今はひとりで頑張らないといけない! そう自分を奮い立たせて、懸命に出産に向き合っていました。
前編01

前編02
産後は疲労と寝不足で体力の限界だったので、少し休んで落ち着いてから連絡しました。

前編03
義母は「おめでとう」の一言もなく。しかも内容は全部私を責めるもの……。初めての出産なのに……最悪の思い出になってしまいそうです。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・イチエ 編集・横内みか

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

イチエの記事一覧ページ

関連記事

<産後の恨みは一生>自分都合ばかり「出産おめでとう」の一言もない義母と旦那。悲しい【中編まんが】
前回からの続き。コロナ禍で旦那の立ち会いなしでの出産。はじめての陣痛にのたうちまわり、何度も何度も「もうダメ……」と思いましたが、自分を奮い立たせました。出産後は疲労困憊のため、少し休んだあとに家族に...
<支配する義両親>学歴重視!幼稚園は悪影響?子育て主導権を握る義父。夫は単身赴任【第1話まんが】
今から1年前のお話です。私たちは夫(学)と息子(優)の三人家族。義両親と完全同居をしていましたが、夫は単身赴任になってしまいました。息子の優は、幼稚園の年中さんです。本当は年少から入園させたかったんで...
<無神経な義母と夫>夫の女友だちの話ばかりする義母!思い出の品まで出してきた【第1話まんが】
今から3年ほど前のことです。当時、お付き合いをしていた哲也との結婚が決まり、義実家に挨拶に行ったときのこと。みんなで談笑していたら、義母に突然言われました。 私は「なぜこのタイミングで他の女...