いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<非常識な夫と義妹>お礼なし!準備・片づけ全て私ひとり。夫にキレた日【後編まんが:妻の気持ち】

前回からの続き。夫には妹がいるのですが、非常識で困っています。以前、娘の出産時には、家に泊まりに来て散らかしっぱなし、という散々な目にあいました。今回はなんと私の家族の集まりに夫が義妹を誘ったのです。しかも「お酒を飲むから一泊する」と約束付きで。私が義妹に直接連絡をとり、家族の集まりであることを伝えました。義妹は今回の集まりには来ないという選択肢を選んだようです。そのことを知った夫は「妹をいじめている!」と大激怒。でも非常識な人たちのことなんて知ったこっちゃありません。
泊まりに来て__007
私「あ、でもそうね。産後の私に自分の飲み食いしたものを片付けさせるなんて、常識がないんだった!」
夫「え……!?」
私「あなたも兄なら「妻に連絡入れておいて」、「妻にお礼いっておいて」くらい言えないの? 常識がない妹を教育してあげたら?」

泊まりに来て__008
「あなたが非常識だわ。どうせ「嫁があとでやるからそのままでいいよ」とか言ったんでしょ」
私「あなたも私に、よろしくね、ありがとうの一言もないじゃないの」
夫(ぎくっ)

泊まりに来て__009
夫が義妹と交流したいというのならそれはそれでOK。しかし私のいないところで勝手に交流してくれという感じです。結婚したからといって、義家族のことで人間関係にストレスを感じるのであれば、無理をする必要はないと感じます。妻の家は妻が、夫の家は夫が対応するという形が私たち夫婦にはあっているのではないかと思い至りました。
はじめは自分勝手に「豪華な料理が食べられない」と嘆いていた夫でしたが、あまりに私が怒ったので徐々に事の重大さを感じたようです。なんでも妻にさせるのは良くないと気づき、反省したとのこと。夫がすぐに変わるわけではないことはわかっています。しかし今回のことではっきり言わないと本当に伝わらないし、考えを改めていくのは時間がかかるのだなと気づくことができたのです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・べるこ 編集・秋澄乃

【つぎ】の記事:<葬儀での宿泊先問題>娘「生理でつらいから人の多い義実家はイヤ」ホテルに泊まるのはわがまま?【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<非常識な夫と義妹>身内会食に勝手に義妹を呼ぶ夫。さらに「泊まるから」【前編まんが:妻の気持ち】
私は33歳で、3歳の娘がいます。昨今、感染症の流行でなかなか外にも出られない日が続いています。 夫含め、私が義妹と会うのは3年ぶり。3年間私には一切の連絡はありません。正直、私は義妹が苦手です。...
<非常識な夫と義妹>身内会食に勝手に義妹を呼ぶ夫。さらに「泊まるから」【前編まんが:妻の気持ち】
私は33歳で、3歳の娘がいます。昨今、感染症の流行でなかなか外にも出られない日が続いています。 夫含め、私が義妹と会うのは3年ぶり。3年間私には一切の連絡はありません。正直、私は義妹が苦手です。...
<小学生が不法侵入?>勝手に家に上がり込む娘の友達。相手の親に注意すると……!?【前編】まんが
そんなある日、事件は起こりました。 いつも通りに「ただいま~!」と娘が玄関をあける音がしました。わが家はリビングが2階にあります。私が「おかえりー!」と声を掛けても、なかなか2階にあがっ...