いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<夫婦の会話ゼロ生活>「寂しい」妻からの手紙。すれ違っていた気持ちに気づく【後編まんが:夫目線】

前回からの続き。俺は子どものころから人とのコミュニケーションに苦手意識があった。社会人になり、そんな俺でもいいと言ってくれる彼女ができた。
無口3-1 (1)

無口3-2 (1)
ある日、妻が作ってくれた弁当に手紙が入っていた。そこには俺への感謝の言葉と「会話がなくて寂しい」という妻のメッセージが。よかれと思い、黙って妻のことを手伝ってきたが、その結果、彼女に寂しい思いをさせていたなんて。俺はなんて鈍感なんだ……。

ぶっきらぼう3-3 (1)
「コミュニケーションをとるのが苦手」という自分の性格に甘え、逃げていたところもあった。しかし他人同士が夫婦になったんだから、会話がないとお互いわかるはずがないのだ。これからは妻に寂しい思いをさせないよう、少しずつ変わっていきたいと思う。

文、作画・はなめがね 編集・Natsu

【つぎ】の記事:<夫の過度なスキンシップ>「夫婦だから問題ない」……本当に?もう少し空気を読んで【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<浮気の種?>旦那に馴れ馴れしいママ友。もし好意を抱いていたら……対処法は!?【第1話まんが】
これは数年前の出来事です。 山本さんの行動は、ほかの人にも少々奇妙にうつっているようです。ただそうは言われても、何か決定的なことをされたわけではありません。山本さんが夫に馴れ馴れしいだけ...
<夫婦の会話ゼロ生活>育児も家事も積極的。でも無視され続ける毎日「くるしい……」【前編まんが】
数年前の話です。家事も子育ても積極的にやってくれる夫。人あたりがよく、私の友人や実母からは「理想の旦那さんだよね」と言われ評判も上々です。しかし私にとっての夫は……。 友人の話を聞いて、...
<小学生が不法侵入?>勝手に家に上がり込む娘の友達。相手の親に注意すると……!?【前編】まんが
そんなある日、事件は起こりました。 いつも通りに「ただいま~!」と娘が玄関をあける音がしました。わが家はリビングが2階にあります。私が「おかえりー!」と声を掛けても、なかなか2階にあがっ...