いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<親切は難しい>友だちに傘を貸した息子がずぶ濡れ帰宅。その姿を見て怒った夫。なぜ?【後編】まんが

前回からの続き。下校の際、親切心から友だちに傘を貸した息子が、ずぶ濡れで帰宅しました。それを見て夫は「体調不良になって、感染症を疑われたらどうするんだ!」と怒ったのです。よかれと思ってした行動が裏目に出て、息子はショックを受けたのでした。
ママ:「お母さんは、ダイキのやったことすっごい偉いと思う! 男前じゃん!!」
私はそう言いながら、ダイキの頭を撫でました。
3-1

3-2
ダイキ:「…………」
ママ:「いまのご時世自分の体調を守ることが、自分のためにも、みんなのためにもなるってことは覚えてこうね」
ダイキ:「はい……」
ダイキに一通り話し終わると――。

3-3
こうして父子は仲直りをしました。今回の一件は価値観や親切の難しさを親子で話し合ういい機会になったと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

【つぎ】の記事:<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話】新連載まんが

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話】新連載まんが
私は5年ほど付き合った旦那と結婚をし、旦那の地元に新居を構えました。旦那はとても子煩悩で、家族のために懸命に仕事を頑張ってくれます。しかし私は旦那の地元で育児をすることに孤独を感じるようになってしまい...
<小5の家出>友だちに傘を貸した息子がずぶ濡れ帰宅。その姿を見て怒った夫。なぜ?【前編まんが】
「ただいま~。やっぱり今日、降ってきたね~」 夕方。私がパートから帰宅すると、すでに帰ってきているはずの長男(ダイキ・小5)がいません。部屋にはびしょ濡れになった衣服が脱ぎ捨てられています。 ...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話】新連載まんが
私は2人の子を育てる29歳の専業主婦です。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした。 サキさんは私...