いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<妊活のプレッシャー>子どもをもつより大切なことは?【第3話まんが:夫の気持ち】

前回からの続き。夜中に目が覚めると、横に寝ていたはずの妻がいない。「どこに行ったんだろう……」そう思ってリビングに向かうと、電気もつけずに暗闇の中で妻がソファに座っていました。
【完成版】393妊活のプレッシャーに押しつぶされそうです……③01

【完成版】393妊活のプレッシャーに押しつぶされそうです……③02
取り乱しながら、そこらへんにあるものを手当たり次第に投げる妻を押さえながら、抱きしめます。
夫「……大丈夫だから……」
妻「なんで――どうして……」
まるで赤子のように泣き叫ぶ妻を抱きしめながら、どうしてあげるべきか考えます。

【完成版】393妊活のプレッシャーに押しつぶされそうです……③03
ベッドで眠っている妻の手を握りながら、出会ったときのことを思い出しました。妻は仕事の取引先で事務をしていました。いつも眉間にしわをよせて、人のために懸命に働いていました。それが次第に慣れてくると笑顔を見せてくれるようになり、「こんな風に笑うんだ」と嬉しくなったのを覚えています。いつも何かを背負って生きづらそうにしていた彼女を、ずっと笑わせてあげたい……そう思って結婚をしたはずなのに。
果たして今の生活は、僕たちが望んでいたものなのだろうか……。
僕は妻の手を、より一層強く握りしめました。

【最終話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Ponkoの記事一覧

関連記事

<妊活のプレッシャー>「僕たちなりの幸せを」夫の言葉に涙。前を向く【最終話まんが:夫婦の気持ち】
前回からの続き。 「妊娠したかもしれない」という希望を見出した矢先。夜、目が覚めると、下腹部に鈍い痛みを感じます。 私:「生理痛……」 思わず取り乱してしまいました。もう私は限界。子どもを授かる...
<妊活のプレッシャー>私もママになりたい!ついに妊娠の兆候が……【第1話まんが:私の気持ち】
私はバツイチ。再婚して今43歳です。不妊治療5年目です。 わずか2年にも満たない結婚生活を終わらせ、これからは1人でもしっかりと生きて行こう! と仕事に邁進していた33歳のときに、いまの夫と出会...
<義家族の常識>【前編】妊娠中に義家族がそろってやってくる!私、実家に帰ります……!
私の夫には3人きょうだいで、妹2人にそれぞれに子どもがいます。義妹たちは共働き。子ども達を義母によく預けるのですが、その甥姪たちをアポなしで義母がうちに連れてくるのです。しかも6人全員。 しかも...