いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<不妊治療中の失言>夫が本当しつこい!3年前の一言をいまだに引きあいに出され……【第1話まんが】

これは最近のエピソードです。私たち夫婦には、2歳の娘ミライがいます。長い不妊治療の末に授かった待望のわが子――。はじめて産院でミライを抱いたときの感動は今でも覚えています。ずっと、ずっと会いたかった私の子ども……。小さな私の宝物。この子に会うために私は産まれてきたのかもしれない。そんな感動に包まれていました。
1-1

なかなか子どもを授かることができず、苦しみに苦しみぬいた不妊治療の先で、ようやく授かったわが子。「幸せを手に入れた……!」そう思っていたはずなのに、今私たち夫婦は決して幸せといえる状態ではありませんでした。
修正1-2

1-3
夫のツトムはことあるごとに昔のことを掘り返しては、私に冷たい視線を向けるのです。数年前のことを何度も言われ続けると、いい加減面倒です。(私はその都度、何度も謝っているのに……)せっかく子どもを授かれても、これでは幸せとはいえません。私はツトムとの「これから」について真剣に考えていました。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<不妊治療中の失言>「今月何回目?」職場での冷たい視線……私が原因じゃないのに!【第2話まんが】
前回からの続き。7年前大好きだったツトムと結婚した私は、子どもを授かることを心待ちにしていました。はじめは自然に授かるタイミングを待っていましたが、1年しても妊娠することはありませんでした。2人で話し...
<介護は嫁の務め?>「長男嫁の仕事」認知症義母の介護を一人で!?【第1話まんが:長男嫁の気持ち】
これは3年前のお話です。私は義両親と同じ町内で近距離に暮らしている主婦。小学生の子どもが二人います。パートで働きながら家事、育児、たまに義実家へ顔を出しに行っていたある日のこと――。 ある日...
<旦那の隠し子は30歳!?>旦那との生活が苦痛に……「冷静になるため別居したい」【第4話まんが】
前回からの続き。これは1年前の話です。私、米村朋花と旦那の雅彦は共に46歳。私たち夫婦は今年で結婚15年目、ミユという中1の一人娘がいます。ある日、友部勇気さんという30歳くらいの男性が訪ねてきました...