いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

ウソ!?「父親の威厳だ!」と言って旦那さんがちゃぶ台返し。ママたちの反応は?

201016使用_017_旦那_マメ美

ママたちが「母親」としての在り方について日々悩むように、きっと旦那さんたちも「父親」としての存在感について悩むことがあるでしょう。旦那さんが家庭において「かけがえのない存在」なのか、それとも「どうでもいい存在」であるのかはそれぞれでしょうが……。
もし旦那さんが自らの「威厳」を主張するためにこんなことをやってのけたら、どうしますか……?

『旦那が威厳を子どもに見せつけるために、食事中にちゃぶ台返しをした。「こんなもん食えるか!」って子どもをチラ見しながら言って、子どもがビビって泣いたら満足気な顔をしていた。皆さんならどう対処しますか?』

まるで昭和のド根性アニメのようなワンシーンのようですが、実際にママスタコミュニティに投稿されたお悩みです。あまりに驚いてなにもできなかった投稿者さんに代わって、ママたちが旦那さんに制裁を与えてくれますよ!

とりあえず、まずやるべきことは……?

『まずは旦那に片づけさせる』

隅から隅までキレイにお願いします。

『とりあえず片づけてもらって、そのあとで食事は作り直してもらって、「ごめんなさい」もしてもらう。こういうことをするとこんな目に遭いますよ~っていう子どもへの教育にはなるかもしれない』

タイトル「悪い大人の例」の茶番劇とさせていただきましょう。

『父より強い母の“威厳”で片づけさせて、家から追い出す』

『母親の威厳を見せつけるために、旦那を目の前に座らせてお説教。子どもの前で土下座で謝らせる。食べ物を大切にすることと、悪いことをしたら謝るということを子どもに教える』

本当の「威厳」というものを見せて差し上げます。子どもたちに「悪いことをするとお母さんはこんなに怖い」ということを教える機会にもなるでしょう。

攻撃か口撃で対抗します!

『とりあえずそのちゃぶ台を旦那に投げつけようかな』

家庭内暴力のはじまりです……。

『「食べ物を粗末にするな」って旦那をしばき倒す』

『泣くまで髪の毛掴んで引きずり回す。「もうしません」と子どもらの前で土下座するまで引きずり回す。テロには屈しない母の姿子どもに見せたる!』

ちょ……ちょっとやりすぎな気もしますが、旦那さんがしたことを考えるとそれ相応の対処なの……かな?

『「食べ物を粗末にするな! ほら、拾って食え! 女を舐めんじゃないよ!」って言う』

「食べ物を粗末にするな」とは、まさにその通りですね。拾って食べている最中に「なんでこんなことをしたんだろう」と、旦那さんが我に返ってくれることを願います。

『二度と食うな! 子どもをビビらせてドヤ顔してんじゃねーよ! 気色悪い」と言って、子どもと私だけでご飯を食べる』

こんなことをされたのでは、「二度と食うな」の前に「二度と作るものか」になりますよね。

『「お前の給料が少ないからこんなもんしか食べられねーんだよ! まともに働けよ! 夜中もバイトでもしろ! 薄給のくせに食べ物粗末にしやがって!」と散らばっている食材を拾って投げつけてやる。で、さよーならー』

THE・ENDです。

冷静に論破します

『「威厳は稼いでから。ダイニングテーブルとチェア買ってからにしなさい」って言う』

まずは「ちゃぶ台」を「ダイニングテーブル」に買い替えるところからはじめましょうか。

『「今すぐそこに座れ!」と怒鳴りつけて説教。弱い者いじめするやつは、怒鳴られたら萎縮するはず。最後は念書を書かせる』

念書の内容は「もうちゃぶ台をひっくり返しません」かな……?

『「なにやってんの? それ今日の夕飯なんだけど? そんなんされたらもうごはん食べられないけどどうするの? それ誰が片づけするの?」聞きたいこと全部一気に大真面目に聞く』

ひとつひとつ、明確な回答をいただきましょう。

『「そんなことをして子どもに何を教えたいの? 誰が片づけるの? 満足した? もう少し考えて行動したら? 後はよろしく」って旦那おいてどっか食べに行く!』

ここまで言われたら、ぐうの音もでませんね。

ちゃぶ台をひっくり返すなんて時代錯誤

『うちのじいちゃんがやったって聞いたことあるわ。しかも嫁である母が作った料理。私なら相手が義父でもキレたと思うけれど、母はありえねーってびっくりしすぎて腹も立たなかったらしい』

リアルにちゃぶ台返しをする人がいるんですね……。アニメの中のお話かと思っていました。

『そう考えると昭和の育児ってやばいな。平成生まれでよかった……』

ちゃぶ台返しが行われたとき「ちゃぶ台返しをした人」が白い目で見られる現代とは違って、「ちゃぶ台返しをされるような原因を作った人が悪い」という印象が強かったのかもしれません。ちゃぶ台返しが、各ご家庭でどれくらいの頻度で行われていたのかは定かではありませんが(笑)。
こんな理不尽な物事がまかり通っていた時代を、令和を生きる人たちは不思議に思うのかもしれないな、と感じさせる投稿でした。

文・渡辺多絵 編集・すずらん イラスト・マメ美

【つぎ】の記事:<非常識なママ友>親子クラブの備品を売っちゃった!?嘘を重ねたママ友の行く末は【前編】まんが

渡辺多絵の記事一覧ページ

関連記事

旦那 に関する記事一覧
<旦那の致命的な失言>「2番目に好きな女と結婚した」すべてを捨てて離婚をしてもいい?【前編】
大切な人との結婚生活は幸せなものでしょう。しかしそんな幸せは、ある日突然壊れてしまうことも……。今回の投稿者さんは、旦那さんの親友から衝撃的なことを聞かされてしまったようです。さて一体どんな内...
会社が忙しい時期、自分の誕生日に有給を取る旦那は変わっている?
365日、毎日どこかで誰かが誕生日を迎えていることでしょう。年に1度のご自身の誕生日は、みなさんどのようにすごしていますか? 『うちの旦那は自分の誕生日に有給を取る。33歳で別にめでたくもないのに会...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那が威厳を子供に見せつけるために食事中にちゃぶ台返し