いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ママ友が不倫>恋愛話ばかりでついていけない!つい相手の価値観を否定してしまい……【後編】まんが

前回からの続き。私は「相談ごとってなんですか?」と恐る恐る聞きました。
男好きママ友__004
戸惑いながらさらに詳しく聞いてみると……。

男好きママ友__005
私:「彼とのことを相談したいって言ったの、あなたじゃないの?」
A:「自分が正しいと思って、あなたの意見を押し付けないでよ」
私にはわけがわかりません。
相談があると言われ、既婚者との不倫話を一方的に聞かされ、不倫を注意したら逆ギレされる。
Aは「信じられない、変なやつ!」と怒って帰っていきました。
私は我慢できなくて、習いごとのママ友にAとのことをしゃべってしまいました。するとママ友たちが一斉に口を開きます。

男好きママ友__006
もしかしたらAからすると、男の話にノリが悪く、自分の意見に同意せずに説教じみたことをいう私が変わった存在なのかもしれません。かと言って、「不倫はダメ」といった自分の考えを曲げたり変えたりすることはできません。Aと関わることはもうないでしょう。
ただ……自分の常識だけで発言したり判断したりすることだけが正解じゃないんだなと知ったできごとでした。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・べるこ 編集・秋澄乃

【つぎ】の記事:<40代高齢のママ友論>「気に入らない」若いママ同士でいざこざ!年上ママの達観

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<ママ友が不倫>恋愛話ばかりでついていけない!つい相手の価値観を否定してしまい……【前編】まんが
子どもの習いごと(新体操教室)に新しい生徒が入ってきました。 その生徒のママ、Aさんは華やかで目を引くタイプの女性でした。はじめて会ったときも髪もお化粧もバッチリ決めていて、胸元があいたラッピングワ...
「嫌なら離婚してくれ!」優しかった夫が変わってしまった……なぜ?私が悪かったの?【前編】まんが
夫から私への愛は冷めています。 夫の仕事は多忙で、さらに最近は「会社の繫忙期なのでしばらく忙しい」と聞いていましたが……。夫があまりにも家庭をおろそかにするので、私も次第に小言が増えていきました。 ...
<義母の嫌がらせ>「あなたは所詮他人だから」だんまりの旦那。なぜ?【前編:ダメパパ図鑑79人目】
「わが家のインターホンのなる音」と同時に、私は深いため息をつきます。 義母の買ってきた高級弁当に舌つづみをうつ3人。そしてそれを見つめるだけの私。そう、義母は毎回お弁当を買ってきてく...