いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<鏡に映ったのは?>3日後にくるはずの幽霊が1日早く……?【第十二夜】#身の毛もよだつ恐怖の体験

中学生の頃、クラスで怪談が流行りました。放課後に何人かで集まり怖い体験談やどこかで仕入れた怪談を語り合っていたのですが、友達が予言めいた話を始めました。
1日早い幽霊1何事もなく2日目も終わり、3日目の朝、クラスに小さな人だかりができていました。「どうしたの?」と近づくとAちゃんが涙を潤ませ真っ赤な目で俯いています。Aちゃんは例の怪談を聞いた1人で、クラスで1番霊感が強い子でした。

前日、学校から帰宅したAちゃんが自室で制服から私服に着替えようとしたときのことでした。
1日早い幽霊2
ふと部屋の隅にある鏡に変なものが映った気がしました。鏡に映っていたのは血まみれの男性の首でした……! Aちゃんは慌てて後ろを振り返りましたが、そこにはもうなにもありませんでした。

Aちゃんは真っ赤な目ですすり泣いています。
「やっぱりあの話を聞いたから幽霊が出たんだよ」
「でも女の子の霊が出るんじゃなかった?」
「違う霊を呼んじゃったのかも?」
みんなでAちゃんを慰めながらそんな話をしました。

さて、これは「幽霊が出る」と言われた3日目の朝……はじめに少女の幽霊が出ると予言していた3日目はまだ終わっていないのです。
1日早い幽霊3
Aちゃんの実際の恐怖体験を聞いた3日目の夜。怖かったこと、怖かったこと。
電気をつけっぱなしだと眠れないので仕方なく消すのですが、女の子の霊が出ると言われた怪談とAちゃんの見た生首の男性を思い出し……。女の子の霊以外に、霊がくるかもしれないと思うとさらに怖くなり、夏なのに頭まですっぽり布団に入り「なんで1日早く来ちゃったの!」と男性の霊に逆恨みまでする始末でした。
結局いつの間にか寝てしまい何事もなく朝を迎えたのですが、人生で1番怖い思いをした夜だったと、ときどき思い出すのでした。

【第十三話】へ続く。
文、作画・水戸さゆこ 編集・木村亜希

水戸さゆこの記事一覧ページ

関連記事

<突然足を引っ張るのは?>彼氏の部屋に「いる」!さらに……【第十三話】#身の毛もよだつ恐怖の体験
旦那と付き合っていた頃の話です。彼がある日「今住んでいる部屋、何かいるんだよ」と言い出しました。 彼の部屋は駅から遠い静かな住宅街の中のアパートの2階でした。本当に静かな場所で道は車通りも少なく...
<集団幻覚?>中学校で「こっくりさん」が禁止された理由【第十一夜】 #身の毛もよだつ恐怖の体験
これは筆者の友人が中学生のころに体験した出来事です。ある日の放課後、数人が「こっくりさん」で遊び始めたそうです。最初は簡単な質問をして十円玉が動くのをきゃっきゃっと楽しんでいたのですが…… とこ...
【第三夜】娘が初めて嫌った子。すべり台のアンナちゃんは「だれ」……? #身の毛もよだつ恐怖の体験
娘が幼稚園に入園し、幼稚園生活にも慣れてきたころの話です。 「今日はなにをして遊んだの? どんなお友達ができたの?」 そんな話を聞くのが日々の楽しみになりました。ところが、いつも楽しそうに園での様...