いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<介護問題>実父が68歳で介護施設に……同居介護をしたくない私は薄情者ですか?【中編】まんが

前回からの続き。父が突然倒れ、介護が必要となってしまいました。
父に「施設にいたくない」と言われ、過去の記憶が呼び起こされます。
実父が68歳で介護施設に、同居介護をしたくない私は薄情者ですか?中01

※精神疾患の描写については一個人の症状であり、すべての人に当てはまりません。

実父が68歳で介護施設に、同居介護をしたくない私は薄情者ですか?中02
父は母にも寄り添っているようには見えず、家庭内で無視を貫き通していた感じです。しかし父は仕事は真面目にしていたようで、生活費や学費はちゃんと払ってくれました。その点は感謝の気持ちがないわけではありませんが、高校を卒業をしたら兄も私も逃げるように実家を離れました。社会人になると、心身ともに自由となり、両親とは適度な距離感で年に数回のみ会っていました。

しかし自分も親になってみると、自身の幼少期を何度も思い出し、父は母が泣き叫ぶなか「どうして私たちを助けてくれなかったのか……」と悲しくまた憎しみに近い気持ちがフツフツと湧いてきました。
「『大丈夫か?』の一言さえなかったのはどうしてなのか?」認知症になってしまった父に今さら聞く気も起きず、行き場を失った気持ちがいつまでも消化できずに漂っています。
こんな過去もあり、私は父と暮らしたいと思いません。

実父が68歳で介護施設に、同居介護をしたくない私は薄情者ですか?中03
「ハイハイ、そうね〜。また来るね」とはぐらかし、私は施設を後にしました。
父のことを考えるたび、気持ちは沈みます。そんな気持ちを抱えて過ごす毎日が辛くなってきました。夫に相談しようにも身内の恥をさらすようで躊躇われます。
私はある人に今回のことを話すことを決め、電話をしました。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Ponkoの記事一覧

関連記事

<介護問題>実父が68歳で介護施設に……同居介護をしたくない私は薄情者ですか?【後編】まんが
前回からの続き。幼少期に辛い思いをした私たち。介護について信頼できる人に相談することに。 私は数年ぶりに亡くなった母の姉に電話をしました。 母が病気になるまでは、頻繁に行き来のあった伯母家族で...
<介護問題>実父が68歳で介護施設に……同居介護をしたくない私は薄情者ですか?【前編】まんが
68歳の実父が介護施設に入りました。正直、父がこんなに早く介護状態になるとは思っていませんでした。母は10年以上前に他界し、父は60歳で定年退職。父は退職後、家に引きこもり状態になりました。 ...
まんが【前編】「介護は嫁がするもの、だから同居しよう」「仕事も辞めればいい」義父からの電話が地獄
義母が足をケガして入院しました。退院はできたのですが、医師から「若い人のように元には戻らず足が不自由なままの可能性が高い」と言われたそうです。つまり以前のようには生活できなくなり、たびたびサポートが必...