いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】専業主婦はダメなの?義母に「息子の稼ぎだけを当てにしないで」と言われた

102_義父母(父母)_んぎまむ

義母から「息子の稼ぎだけを当てにしないであなたもきちんと働くべき」と言われた、専業主婦のママ。先輩ママたちは、義母から心ない一言をいわれたとき、どんな対応をしているのでしょうか?

義母に一言いってやりたい!

まずは義母に対して「スカッとする一言を言いたい」という人のために、先輩ママたちがアイデアを出してくれました。

『今は家にいてもポイ活で稼げますけど?」か、「私は仕事人間なので、働いたら家事がおろそかになってしまいます。それに旦那より稼いじゃったら、申し訳ないので」って言ってやる』

『お義母さんも老後はうちを当てにしないでくださいね~』

『うちの義母も口には出さないけど思ってるだろうな。もし言われたら、「あんたの息子は経済DVで給料渡さないから散財するどころじゃありません」って言うわ』

『「旦那が『小さいころ、家に帰ってもお母さんがいなくて寂しかった。子どもにそんな思いを絶対にさせたくないから、頼むから働かないでくれ!』って泣いてましたよ! お義母さんを責めても仕方ないですけど、もっと働き方を考えるべきでしたね」って、逆にお説教をしてあげるといいよ!』

『「夫は家事育児をやらないので、私が専業主婦としてやるしかないんです」と言う』

買い物などを工夫して「ポイ活(買い物の際につくポイントを使って上手に買い物をすること)」でうまく買い物していることをアピールするママやここぞとばかりに反撃を仕掛けるママもいました。自分とは違う価値観を押しつけられすぎてしまうと、反論したくなる気持ちも理解できますね。しかし……。

対立しても関係が悪化するだけ!?うまく立ち回るには

各家庭の財政事情はそれぞれ異なりますが、投稿者さんのお義母さんは「息子にばかり働かせて、嫁は何もしないで家にいるのに買い物ばかりしている」と思っているのでしょう。売り言葉に買い言葉というように、義母にひどい一言をいわれてしまうとつい言い返したくなることもありますよね。ただどんなに腹が立っても、やはり家族間でのもめごとはできるだけ避けたいもの。そんなときは心穏やかに、義母の話をスルーするのがいいのかもしれません。先輩ママたちはどんな対応をしているのでしょうか?

『心の中でうぜーなーと思いつつ、「はーい。考えておきまーす」ってニコニコしとくかな』

『私も専業主婦で持ち物とか服のことを言われるけど、面倒だから全部もらいものって言い通してる。私の親がプレゼントしてくれた、兄妹からプレゼント、親戚からプレゼントとか適当だよ』

『稼ぎのいい優しい息子さんで感謝しまーす!』

『「私は何にもできないけどお義母さんは立派だったんですね」と言えば満面の笑みだよ。孫さえいい子に育ったらそれでいいんだよ。本当は』

『うちの義母も定年まで働いた人なので偉いなと思うよ。たまにはお義母さんのこと褒めている? 「ずっと社会に出てた方はやっぱり若々しいですね!」とか。もう少しうまいことやりなよ』

イラっとしたとき、ユーモアのある切り返しができたら素敵ですよね。お義母さんはこれまで正社員で勤め上げてきた自負があるだけに、つい専業主婦である投稿者さんにむけて非難めいた言葉に発してしまったのでしょう。お互いに嫌な言葉を投げかけあっていたら、ギスギスして関係が悪くなってしまいそうです。イラっとしたときこそ、キレとユーモアのある切り返しをしてスッキリできたらいいですね!

文・間野由利子 編集・荻野実紀子 イラスト・んぎまむ

間野由利子の記事一覧ページ

関連記事

【前編】専業主婦はダメなの?義母に「息子の稼ぎだけを当てにしないで」と言われた
結婚生活では数々の難所がありますが、なかでも難しいのが義母との関係。専業主婦として家にいて子育てと家事を担うか、子育てをしながら共働きするか、家庭によってさまざまな形があるでしょう。その選択に...
まんが【前編】「高校卒業式でプロポーズしてみた!」10代娘と彼氏が早い結婚?母は否定しないけど…
高3の娘は卒業間近。以前から働きたいと話していた会社から内定をいただき、4月からは社会人です。娘には高1のときから付き合っている年上の彼氏、マサルくんがいます。マサルくんは大学4年生で、娘と同じく4月...
【前編】5歳の息子に20歳のママ。世間の目は冷たかったけれど、息子が成長した今……【息子と母の物語:エピソード3】
私は亡くなった姉の子どもを引き取り、養子にして育ててきました。私が20歳で息子が5歳の時です。私との年の差は15歳。「今日から一緒に暮らそうね」と言った私に、息子は無言でうなづきました。 ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
義母に息子の稼ぎだけを当てにしないでと言われた