いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「嫌なら離婚してくれ!」優しかった夫が変わってしまった……なぜ?私が悪かったの?【前編】まんが

夫から私への愛は冷めています。
夫の仕事は多忙で、さらに最近は「会社の繫忙期なのでしばらく忙しい」と聞いていましたが……。夫があまりにも家庭をおろそかにするので、私も次第に小言が増えていきました。
「嫌なら離婚してくれ!」
夫は家にいても疲れて寝ているばかり。私が話しかけても適当にあしらわれ、相手しようともしません。家庭のことをまったく考えない態度に、私もイライラしていました。しかし「結婚記念日」に決定的な事件が起こったのです――。

その日は夫の好きなメニューを用意していた私。遅くなっても一緒に食べようと食卓にご馳走を並べて待っていました。しかし夫はなかなか帰ってこず……挙句の果てに「夕飯はいらない」と電話があったのです。

「結婚記念日」に……!?
「嫌なら離婚してくれ!」

「嫌なら離婚してくれ!」
え……? 離婚? あまりのことに頭が真っ白になり言葉もありませんでした。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Ponkoの記事一覧

関連記事

「嫌なら離婚してくれ!」優しかった夫が変わってしまった……なぜ?私が悪かったの?【中編】まんが
前回からの続き。突然夫の口から「離婚」という言葉が……。 とても驚きました。離婚という言葉を出したのも、十数年の結婚生活ではじめてです。 私に本音をぶちまけて吹っ切れたのか、それからの旦那は、本当...
新連載まんが【第1話】「離婚だ」と脅してくる夫「私が孫を育てる」と主張する義母。どうしたらいいの
私は気が弱く、これまであまり夫に文句を言ったことがありません。でも今日は風邪気味の娘を連れまわしたこと、好き放題おやつを買い与えたことに少し頭にきて言ってしまったのです。言い過ぎたかもしれ...
まんが【前編】92点で怒られた息子。厳しすぎるエリートの夫「お前が甘いからこうなるんだ!」
でも……そんな夫だからこそ、息子に対しても、学年で1位もしくは100点以外はいっさい認めないし、褒めようとしません。 確かに今回は100点ではありませんでした。 私自身は、勉強は...