いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

玉ねぎのみそ汁、好きですか?それとも苦手ですか?組み合わせるとおいしい人気の具は

017_レシピ_森乃クコ
毎日の食事づくりで「みそ汁の具は何にしようか……」と悩むことはありませんか? 豆腐、ワカメ、油揚げ、そしてさまざまな野菜……。入れられる具材も組み合わせも多いにもかかわらず、ついマンネリ化してしまうというのも悩みの1つかもしれませんね。
今回、そんなみそ汁の具材に「玉ねぎ」を使うのは好きか、嫌いかを問うアンケートが寄せられました。

『みそ汁に玉ねぎを入れるのは好き? ちなみに私は大嫌い』

投稿者さんは、どうやらみそ汁に玉ねぎを入れることが苦手のようですが、皆さんならどちらを支持しますか?

好き!と答える人が大多数

投稿者さんのアンケートに67名のママからの回答がありました。結果は「好き」と答えた人が大多数の56名。「嫌い」と答えた人が11名ですから、大差で「好き」という人が多いようです。では、好きと答えた人たちの理由はどこにあるのでしょうか。

甘くておいしい。それが何よりの理由!

『甘くなるよね』

『甘くて美味しいよね』

『甘みが出ていいよね~』

『玉ねぎが甘くなって美味しい!』

『玉ねぎは過熱するとすごく甘みが出るから必ず入れます』

玉ねぎのみそ汁が大好き! と答えた人たちの理由には「加熱すると甘くなるから」というのが1番の理由のようですね。なかには、

『大好きです。週3くらい作ってるかも』

というほど、玉ねぎのみそ汁が大好きなママもいるようです。

人気の組み合わせは「玉ねぎ+卵」「玉ねぎ+じゃがいもやかぼちゃ」

みそ汁の具材は野菜+油揚げ、豆腐+ワカメなど、いくつかの食材を組み合わせることも少なくないでしょう。
では、玉ねぎのみそ汁が大好きなママたちは、玉ねぎと相性の良い具材として何を組み合わせているのでしょうか。

『半熟卵とペア』

『新玉ねぎの季節、美味しいよ~。卵を落としたら、もっといいわ』

『大好き……! 特に玉ねぎと卵の組み合わせが好き』

『玉ねぎの味噌汁に卵落とすのが好き』

筆者は作ったことがなく意外だと感じたのですが、もっとも多かったのが「玉ねぎ+卵」の組み合わせでした。味噌入りの「かきたま汁」に玉ねぎをプラスしている、という感じなのでしょうか。ふわふわのかきたま汁に、歯ごたえのある玉ねぎを加えるのは、たしかに良いアクセントになりそうな気もします。
さらには、じゃがいもやかぼちゃとの組み合わせを勧める声もありました。

『いつもじゃがいもとセットで作る』

『玉ねぎとじゃがいも、玉ねぎとカボチャも好き』

『卵+じゃがいもの組み合わせが好きー』

『玉ねぎとかぼちゃが好きだな』

「玉ねぎ+かぼちゃ」では、甘みのあるみそ汁が仕上がりそうです。玉ねぎは生で食べると匂いや辛味も強いため、苦手だと感じるお子さんも少なくないでしょう。そんなときに「玉ねぎ+かぼちゃ」の甘味のあるみそ汁はいかがでしょう。玉ねぎが苦手なお子さんも抵抗なく口にしてくれるかもしれません。

苦手なのは「甘くなるから」が1番の理由

今回のアンケートの回答のなかには、少数派とはいえ投稿者さんと同じように「玉ねぎのみそ汁は嫌い」という声もあがっています。その理由はどこにあるのでしょうか。

『甘ったるくなるからヤダ』

『甘くなりすぎて好きじゃない』

『煮た玉ねぎは甘くて苦手。生と焼いたのは好きだけど』

苦手な理由は何と玉ねぎの甘味にあったのですね! 「玉ねぎのみそ汁が大好き」と主張するママたちの理由が「甘いから」なのに対し、苦手なママたちの理由も「甘いから」。どちらも納得の理由です。
ちなみにわが家も、私と息子は「玉ねぎ」や「サツマイモ」といった甘味のあるみそ汁は大好物ですが、夫や同居する父はあまり好みません。父に言わせると「みそ汁=しょっぱいもの」のイメージが強いからのよう。味の好みはご家庭のなかでも意見が分かれることもあるかもしれませんね。

万能野菜の玉ねぎ。上手に活用したいもの

玉ねぎの成分である「硫化アリル」の一種「プロピルメチルジスルフィド」は血液をサラサラにする効果があると言われています。また、コレステロールの代謝促進や血栓予防に効果があるようです。家族の健康のために、玉ねぎを使ったメニューを積極的に食卓に登場させたいところです。
生でも加熱しても食べられる玉ねぎは、ある意味「万能野菜」といえるかもしれませんね。春夏秋冬、どの季節でも手に入れやすい野菜であることも、料理担当者にとっては心強い味方といえるでしょう。
みそ汁の具材に悩んだとき、家族の健康を案じたときには、この投稿を思い出して「玉ねぎのみそ汁」を作ってみてはいかがでしょうか。ただし「甘いみそ汁は嫌」という人もいるようですから、ご家族の反応も確認してみてくださいね。

文・すずらん 編集・山内ウェンディ イラスト・森乃クコ

すずらんの記事一覧ページ

関連記事

【前編】夫婦の危機!繰り返す自粛で”自分のことしか考えない”人間の末路……
私は2人の子どもを育てています。週4~5日のパートタイムをしています。 一方、旦那は会社勤め。とても忙しくまともに休みはありません。 子どもが生まれてからこれまで、土日に休めたことは数えるほど…。...
「いい加減にして!」道端で突然おばさん同士の大げんか!老後まで友人だと思ってたのに【前編】まんが
私には子どもが同級生で仲良くなったママ友、ユウコさんとミドリさんがいます。子どもが成長し、子ども同士は遊ばなくなっても、親同士はたびたび会ってお茶をしたりランチをしたりする仲が続いていました。 ...
「嫁の務めを果たせ!」と怒る旦那。そっちがその気なら……<夫婦タスクの見える化>【前編】まんが
旦那と義実家訪問についてケンカしました。 旦那が「お盆休みは俺の実家に帰省したい」と言いました。しかし義両親や親戚たちは、本家だの分家だのにこだわっている家系。お盆には本家である義実家に親戚がた...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
味噌汁に玉ねぎ入れるの好き?(アンケート)