いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<離婚してもいい?>家族よりも、兄嫁と姪を優先する夫「もしかして浮気なの……?」【中編】まんが

前回からの続き。夫の兄が単身赴任になって以来、夫はなにかと兄嫁のメグミさんと、その娘のハナちゃんを気にかけています。あまりに2人のことを優先するので、私も余計な詮索までしてしまい……。
離婚してもいい?_004
最近のわが家はお出かけも、外食も一切なし。夫がメグミさんたちに会いに行くと、毎回お金がかかるからです。私と娘は、夫の帰省費用を捻出するために節約を強いられているのです。夫の言い分はこうです。
「兄が単身赴任中で、ハナちゃんはお出かけできなくてかわいそう、だから俺が遊びに連れていく」
じゃあパパがいるのにお出かけできない娘はかわいそうじゃないの? 優先順位がおかしくない? いったい何を考えているの?

モヤモヤする日が続くなか、ついに決定打が――。

離婚してもいい?_005
帰宅した夫を問い詰めると、犯人はやはり夫でした。ハナちゃんに送ってあげようと、こっそり娘の部屋から持ち出したようです。しかし夫はグッズを盗んだことも「ハナちゃんがかわいそうだから」と正当化するばかり。私の中でたまっていた怒りが大爆発してしまいました。

私「もうさ、お義姉さんと結婚したら? お義兄さんも単身赴任でいないしちょうど良いじゃん?」
夫「変なやきもち焼くなよ。家族として接しているだけだから誤解しないで。夫が不在で困っているのを助けてるだけだ」
私「いや、やきもちとかじゃなくてさ、自分の家庭よりあっちを優先しまくるから呆れているだけなんだけど?」
夫「めったに会えないんだから、姪っ子に優しくするのは当然だろう? 父親がいなくてさみしがってるんだよ」
私「確かにはそれは全然構わないけれどもさ、そのために娘がいろいろと我慢させられるのは違うよね? もうさ、好きなだけ会ったっていいから、そっちを優先するなら離婚して

娘の気持ちを考えるといたたまれず、私は思わず「離婚」という言葉を口にしていました。

私「あなたは、ハナちゃんとメグミさんが大切みたいだけれど、私はわが子が大切なの。今のあなたはもうアヤのパパではないわ」

離婚してもいい?_006
「離婚はしない」の一点張りでした。私がここまで言っても、何も響いていない様子……。
義母に相談をしても、きっと「息子は優しいだけ」とでも言われるだろうし……。私が焼きもちを焼いていると誤解されても困るし。どうしたらいいの?

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・上野りゅうじん 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

上野りゅうじんの記事一覧ページ

関連記事

<離婚してもいい?>家族よりも、兄嫁と姪を優先する夫「もしかして浮気なの……?」【後編】まんが
前回からの続き。家族をないがしろにして、兄嫁のめぐみさんと姪のハナちゃんを優先する夫。ついには娘が大切に集めていたグッズを勝手にハナちゃんに譲ったことが発覚し、私は激怒しました。そして翌日、娘がこう切...
【前編】私がいない間に旦那に車を出させて買い物に行く近所のシンママ……デレデレする旦那
近所にちょっと若くてきれいなママが住みはじめました。 最近離婚をしたらしく「男手もなく、車の免許もないから」と、旦那が買い物に行くときに乗せてあげるようになりました。 しかし、しばらくすると…...
【前編】感染症が流行中「ただの風邪だから!」咳をする子どもを連れてきた義妹!ママはわが子を守るために……
旦那には妹の「よりこさん」がいます。よりこさんには小6の娘、かれんちゃんがいるのですが、今朝かれんちゃんから「今日お昼くらいにおじちゃんの家にいってもいい?」とLINEが入っていたみたい……。 ...