いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】義実家が某「宗教」を信仰していた!「名前を書くだけだよ」出産後に入会を強要された話

私は子どもの頃に母を亡くして父と祖母に育てられました。一方、旦那の実家はしょっちゅう親族が集まるようなにぎやかな家庭。義母や義姉たちが食事やバーベキューなどに誘ってくれるたび嬉しく思っていました。しかし……。
義実家が某「宗教」を信仰していた!
旦那の言い分もわからなくはないけれど、義実家の宗教と全くの無関係でいられるはずもなく……。そして嫌な予感は見事に当たりました。

義実家が某「宗教」を信仰していた!

義実家が某「宗教」を信仰していた!
結婚してからずっと義母や義姉には可愛がってもらっていました。私も普段からLINEで息子の成長を報告したり、たわいのない世間話をしたり……。ところが入会を断ったとたん、向こうからのメッセージはぱったりと途絶えたのです。あまりの態度の変わりように私は驚くばかりでした。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・ももいろななえ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ももいろななえの記事一覧ページ

関連記事

【後編】義実家が某「宗教」を信仰していた!「名前を書くだけだよ」出産後に入会を強要された話
前回からの続き。義母や義姉が信仰する宗教に入会させられそうになりましたが、私は「信仰心を持てないから」と旦那を通じて断りました。すると私はその日以来、義実家からまるっきり無視されるようになったのです。...
【前編】ひな祭りのお祝いをしない母「私の家はよそと違うんだ……」その数年後……聞かされた真実
私は幼い頃、「子どもにまつわる行事」をお祝いしてもらえませんでした。七五三で着物を着た記憶もないし、ひな人形も家にありませんでした。 母は決まりが悪そうで、何かを隠しているような雰囲気もありまし...
【前編】「マジふざけるな!」義実家の非常識な行為にブチギレ!思わず出ちゃった私の本性
私はちょっぴり秘密の過去がありますが、今は普通の主婦をやっています。 優しい旦那と1歳の息子と、穏やかで幸せな生活を送っています。 ――――しかし旦那と結婚してからというもの、義姉と義母の言動に悩...