いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

新連載まんが【第1話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。「結婚には反対だった」と言い出して……

私は両親の愛情を受け、小さい頃から何不自由なく育てられました。特に母とは仲良しです。
夫のことを「疫病神!」とののしる母。

看護師として忙しい日々を送っていた私はある日、居酒屋のテーブルでうつぶせになって思わず愚痴をこぼしていました。
「あー、今日も疲れた! もう仕事なんて辞めちゃいたい……」
すると突然、頼んでもいないデザートが目の前に置かれたのです。
「いつもお疲れ様さまです。これ試作品なんですけど……良かったら食べてみて下さい」
甘いスイーツが疲れた心に沁みました。店員さんは微笑みながらこう言いました。
「大変だと思いますけど……、あんまり無理しないでくださいね」

それが夫・ユウスケとの初めての会話でした。足しげくお店に通ううちに仲良くなり交際に発展。優しくおおらかで、常に広い視野でものごとを見ることができる性格にひかれていきました。この人と一緒なら、どんなことも乗り越えていける……そう思い、結婚という運びになったのです。
夫のことを「疫病神!」とののしる母。
ユウスケの職業を話した途端、驚いたような顔をした母。看護師の私はきっと医療関係の男性と結婚するものと思っていたのかもしれません。
母「ご両親はなにをなさっているの?」
ユウスケ「はい。田舎で小さな工場をやっていましたが、不景気でたたんでしまって……。今は父はもともと兼業でやっていた農家をメインにやっていて、母は役場で働いています。きょうだいは全員独立しています」
母「工場……。農業……?」

夫のことを「疫病神!」とののしる母。
実家は近くに賃貸用のマンションを所有していました。たまたまファミリー向けの住戸に空室があったので、母から「そこに住んだら?」と勧められたのです。こうして私は実家のそばで幸せな新婚生活をはじめました。しかしこれが問題のはじまりだったのです……。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本:渡辺多絵 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

まんが【第2話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。「結婚には反対だった」と言い出して……
前回からの続き。夫・ユウスケとの新婚生活が始まりました。新居は私の親が所有する賃貸用のマンションです。実家とはすぐ近くのうえ「家賃はいらないから」と言われ、順風満帆なスタートでした。 「え?...
【前編】「うるせえ!」夜中に泥酔して大声をあげる母……。同居を解消しようかと悩んでいます……
よく「義実家との同居を解消したい」という話を耳にしますが、私はいま「実母との同居を解消したい」という問題に直面しています。 実父は私が高校生の頃に亡くなっており、姉と私、母の三人で暮らしていました。姉...
まんが【前編】義母と実母の間で板挟み「自慢したいだけだろ?」せっかくの孫の初節句にケチをつける
もうすぐ端午の節句。生後7ヶ月の息子にとっては初節句です。手狭な賃貸住宅に住んでいるので、息子にはコンパクトな兜を義両親から買ってもらいました。一方、東海地方に住む義両親の家には、高さが1メートルもあ...