いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

玉ねぎだけで大満足の1品が完成!あらためて見直したい玉ねぎのチカラ

pixta_75863603_M
今回は玉ねぎの使い道についてです。

『玉ねぎを大量にもらったらどうする? スライスしてサラダをつくる以外に美味しい食べ方を教えて!』

玉ねぎをたくさんもらって、どうやって食べようかと悩む投稿者さん。すでにスライスサラダは作ったようですね。台所には欠かさずあるというご家庭も少なくなさそうな玉ねぎですが、主役というよりは2番手・3番手の食材というイメージです。でもママスタコミュニティのママたちはいろいろと工夫して玉ねぎを活用しているようですよ! みなさんのアイデアを見ていく前に、まずは玉ねぎについてちょっとおさらいしておきましょう。

玉ねぎ、実は種類が豊富

スーパーなどでよく見かける玉ねぎは、皮がオレンジ色でパリっとしている「黄たまねぎ」と呼ばれる種類です。日持ちするように収穫後に皮を乾燥させているタイプです。この「黄玉ねぎ」は春に種をまいて秋に収穫される北海道産と、秋に種をまいて春から初夏に収穫される府県産とに大きく分けることができます。

他にも皮が紫色をしていてサラダに使われることが多い「赤たまねぎ(紫たまねぎ)」、サイズが小さくてシチューやポトフなどに使われる「ペコロス(小たまねぎ)」、丸い形ではなくネギのように長細い「シャロット」などもあります。これだけでも知っておくと、もう料理によって使い分けられそうな気がしてきましたね。

スライスしたらサラダ以外にこんなものはどう?

pixta_70262048_M

『スライスしたらマヨネーズとチーズをかけてオーブン。ピザを食べている満足感があるけれど、ヘルシーで最高。子どもたちが唯一食べる野菜料理。玉ねぎたっぷりカレーも美味しいよ』

『今日カレーにしたんだけれど、スライス玉ねぎをいつもよりたくさん入れ、丸ごと入れて煮込んだよ。スライスだと煮込むと溶けちゃう。辛口カレーだけれど玉ねぎの甘さも加わって美味しかった』

『スライスしてカンタン酢につけると簡単にピクルスができる』

スライスした玉ねぎにマヨネーズやチーズをかけて焼いたり、カレーに入れたり。薄くなってる分、火の通りが早く、味も浸み込みやすそう! 時短料理になりそうですね。ピクルスやマリネなどの酢漬けにするとおつまみにもなりますよね。また酢は殺菌力の高めな調味料なので、酢漬けにすることで比較的日持ちがする利点もありそうです。ただし、容器に雑菌が入っているとすぐカビが生えてしまうことがあるので、煮沸消毒をしてから作りましょう。

レンチンしてみて!

pixta_43734608_M

『十字に切り込みを入れて器に入れ、ラップをして5分くらい電子レンジで加熱。削り節、醤油をかけて食べると美味しいよ。好みでマヨネーズかけても美味しいと旦那が言っていた』

『皮向いた玉ねぎの上と下を切り落とす。下部分が上になるようにひっくり返して、おでんの大根に隠し包丁をするみたいに切り込みを入れる。耐熱皿に切り込みを上にして乗せてその上にバターを乗せてラップして電子レンジで6、7分加熱。最後に醤油とパセリをかけて食べる。これが一番好き』

『切って電子レンジで加熱をして、おかかとマヨネーズとめんつゆであえる』

食べやすい大きさにカットした玉ねぎにバターなどを加えて電子レンジで加熱すると、やわらかくなってトロみもつきます。「レンチン玉ねぎ」は簡単なので筆者もよく作るのですが、バターや白だし、塩胡椒、カレー粉など、いろいろな調味料と合いますよ。おかずにもう1品欲しいなというときの我が家のお助けメニューです。

スープ系にして大量消費!

Vegetable soup. Healthy food, vegetarian dish. Vegetable soup with cabbage, potato, tomato, carrot, celery, pepper and green peas. Vegan diet menu. Top view

『丸ごとコンソメスープとか』

『小ぶりの玉だったら丸ごと味噌汁にする~』

玉ねぎをスープに入れると、一度にたくさん使うことができそうです。例えばコンソメスープなら、ベーコンや人参などを加えてもいいですよね。味噌汁の具材にするのも玉ねぎの甘味がにじみ出て美味しいので、筆者もよく作ります。特に豚汁に玉ねぎをたくさん入れると玉ねぎの甘味と他の野菜の旨味が混ざって、家族もおかわりが止まりません。

常温保存ができ冷凍保存もOK!血液サラサラ効果も

実は主役にもなり得る万能さがありそうなだけでなく、常温保存がきくというのもママたちにはありがたい野菜と言えるのではないでしょうか。それでもこれからの季節は日に日に気温が高くなりますから、新聞紙に包んだり、ネットにいれるなどして風通しのいい冷暗所で保存するといいでしょう。

料理のたびに切る手間を省くなら、あらかじめ使いやすい大きさに切って冷凍保存をしておく手もあります。その際は冷凍に対応しているフリーザーバッグに入れ密封するようにしましょう。筆者は玉ねぎを細かく切って炒め、冷ましてから小分けにし、冷凍することもあります。これがあるとパスタやカレーを作るときにそのまま使えて便利なのです。

参考:神戸市「冷凍保存のポイント

さてそんな玉ねぎは体にもいい野菜としても知られています。特にあの独特のにおいの主成分である硫化アリルの一種、プロピルメチルジスルフィドには血液をサラサラにする効果があります。コレステロールの代謝促進や血栓予防に有効とも。調理のアレンジがしやすく保存もきく……。玉ねぎにはますます頼ってしまいそうですね。

文・こもも 編集・blackcat

関連記事

レシピ に関する記事一覧
お味噌汁に玉ねぎを入れるのはおかしい?ママたちがお味噌汁の具材として玉ねぎと組み合わせる食材は?
お味噌汁の具材について、あるママからこんな投稿がありました。 『味噌汁の具に玉ねぎを入れたら、義母から文句を言われた。みんなは玉ねぎを入れない? 私は甘くなって大好きなんだけれど』 玉ねぎはお...
【レシピ動画】丸ごと新玉ねぎの肉詰めが絶品!
新玉ねぎ、丸ごと食べたくない? 肉詰めにしてスープ煮込みにしたらとっても美味しいのでレシピをご紹介いたします。facebookではシェア、イイネがたくさんつきました! 今の時期新玉ねぎおいしいで...