いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【続編:前編】「コンビニが仕事?」夫の仕事を笑うママ友「でも偏見を持つのは彼女だけじゃなく」

前回からの続き。私には、マウンティングが大好きなママ友がいます。 幼稚園で娘同士の仲が良く、なかなか疎遠になれないので、うわべだけのお付き合いを続けています。
1-1
1-2

数日後。娘が幼稚園に行っている間、用事があって、実家の母に電話をしました。
私と母は大の仲良しで、結婚した後も頻繁に連絡を取り合い、日々のちょっとした出来事を電話で話しては、お互い笑い合ったりするような仲です。その日は、ずっとモヤモヤしていた例のマウンティングママ友のことを話しました。
2-1
2-2
2-3
低い声で冷静に話出した母の様子に、私はドキッとしてしまいました……。
3-1
3-2
3-3

母「仕事してお金をもらうっていうのは、本当に大変なことなのよ。毎日職場に出勤して、毎日決まった時間働いて……あなた、忘れちゃったの? 学生時代にバイトしたときも、就職したときも『きつい、しんどい』って言ってたじゃないの」
私「そう、だったね。忘れたつもりは、なかったんだけど……」
私は 改めて思い出しました。働いてお金をもらうということが、どれだけ大変なことかを。
4-1
4-2
母の言葉は、私の胸に重く響きました。そして自分の浅はかな考えを心から反省しました。
「お母さんの言う通りだよ……これからは、あんな言い方はしない。考え方もちゃんと改める。第一私がそんな考え方でいたら、娘にも伝わるもんね……」
私がそういうと、母は「わかってくれてありがとう」といつもの優しい母に戻っていました。これからは、世の中で働く人すべての人に心から敬意を払おうと誓いました。


一方そのころ……。
あのマウンティングママ友にも、価値観を変えるようなちょっとした出来事が起ころうとしていたのです。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・ゆずぽん 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ゆずぽんの記事一覧ページ

関連記事

【続編:後編】「コンビニが仕事?」夫の仕事を笑うママ友「お前だって、専業主婦で楽でいいよな」
ママ友の旦那さんの職業をあれこれ聞いては(きっと誰も、うちの夫の稼ぎにはかなわないわよね)とほくそ笑むのが私の日課でした。 そんな私の夫は、外資系の金融企業に勤めています。同年代の会社員に比べて、そ...
【前編】マウンティング大好きなママ友「いい歳してコンビニが仕事?」夫の仕事をあざ笑う。でも本当の職業は……。
私は5歳の娘を持つ専業主婦です。娘は幼稚園に通っています。娘の友だちが近所に住んでいて、そのママとも頻繁に顔を合わせるのですが、ある日のこと……。 (なんで笑っているんだろう……夫の仕事...
【後編】マウンティング大好きなママ友「いい歳してコンビニが仕事?」夫の仕事をあざ笑う。でも本当の職業は……。
私の夫はコンビニの本社勤務の社員なのですが、それをバイトだと勘違いしたママ友から馬鹿にされました。「マウント大好きママ友」から離れたいのですが、今置かれている環境からしてなかなか離れられず悶々としてい...