いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【は?】旦那「実家の味ソックリ!美味しい」出ましたオフクロ味くらべ「それ、誉めてるつもり……?」

旦那が義母の味噌汁と私の味噌汁を比較したのでイライラが止まりません。ある晩、家族で夕食を食べていたときのこと。
「この味噌汁、めちゃくちゃ美味しいね!」 と旦那が目を輝かせて言ってくれました。 実は出汁パックを今までと違うものに変えたのです。 「(出汁を変えたの)気づいてくれたんだ!」と言おうと思ったら、 「なんかさ、実家の味にソックリなんだよな〜」とうれしそうに続けるではありませんか!
旦那が味噌汁を比較したのでイライラ1
義母は悪い人じゃないけどクセのある人。たびたび私に対抗心を燃やしてくるので、できれば適度な距離感で付き合いたい人です。 旦那はちょっと天然だけど「ざ・いい人」です……。悪気のないことはわかっていますが、これまでもたびたび「オフクロ味くらべ」発言に前科があります。「旦那の発言はたいした意味はない、忘れろ忘れろ」と自分に言い聞かします。そうすると、逆にこれまでの発言が頭によみがえり、イライラがおさまるどころか爆発寸前。 イライラがおさまらないまま、夕飯の買い物のために外に出ました。花屋の前を通ったとき「たまには自分のために花でも買おう」とふと思いつき、足を止めました。

旦那が味噌汁を比較したのでイライラ2

そうこうしていると旦那が帰宅。 「あーもう帰ってきたか……」と思いました。 娘が旦那にかけよります。
旦那が味噌汁を比較したのでイライラ3

※この漫画は知人の体験談を元に作成しています。

脚本・rollingdell 作画・みとうさゆ 編集・木村亜希

みとうさゆの記事一覧ページ

関連記事

【前編】夫にモヤモヤ!なんで新居で使うカーテン選びに義母を誘う?
夫と結婚して3年になります。昨年、長女が生まれました。子どもが1歳の誕生日を迎え動き回るようになり、今の部屋が手狭になってきたので、もう少し広めの部屋へ引っ越すことにしました。 そして買い物当日。夫の...
【前編】「緑色のランドセルなんておかしい」「男の子は黒!」義母の発言が許せません!なのに旦那は「お前が謝ってよ」!?
わが家には小3と年長の息子がいます。義父母とは完全分離型での二世帯同居。ときどき義母とお茶をすることがあるのですが、先日……。 義母は以前から決めつけがひどく、こちらの希望に対し「こうな...
【前編:ダメパパ図鑑57人目】「お前の料理は手間暇かけていないから、まずい」働く私の時短料理を否定し、マウントしてくる夫
新型コロナウイルスの影響で外出自粛中、夫は在宅勤務となりました。出勤する私に代わって、休校中の子どもたちの昼食は普段料理を作らない夫の担当になりました。 夫は段々と自分の料理に自信を持っていきま...