いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【第4話:無視するママ】「なぜ挨拶を無視するの?」自分を嫌っているママとの付き合い方

同じマンションに住む、苦手なタイプの人。偶然にも「子ども同士が同じ幼稚園」になってしまいました。幼稚園に通い始めてしばらくすると、あの明るいママはいろいろな人に話しかけ、どんどんママ友の輪を広げていきます。それどころか、最近ではマンションに住むお年寄りからも可愛がられるようになって……そんなあの人が妬ましくて、そして自分自身が情けなくて……次第に挨拶を完全に無視し、あからさまに避けるようになりました。

【第4話:無視するママ】

捨てる神いれば拾う神あり、です。
私は、幼稚園の保護者の集まりでも、誰ともしゃべらず教室の隅っこのほうに佇み、ひとりぼっちを貫きとおしていました。
ふと視線を向けると、私と同じように、教室の反対側の隅に佇むママがひとり、いました。そのママは、すらりとして服装も大人のこなれ感がある感じで、とても綺麗な人でした。
【第4話:無視するママ】
ママになったら、地域の人達とのコミュニケーションを大切にしなくてはいけない。
そう、頑なに思っていました。そして、出来ない自分に落ち込むことも……。そのせいで心を閉ざし悪循環に陥ってしまっていました。
でも、彼女と会って、話していくうちに、今の自分が肯定されていくような気がしました。
無理して明るく元気に振る舞わなくてもいい、自分の気持ちを最優先にしてもいい。

【第4話:無視するママ】
―終―

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・Michika 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

新連載【第1話:無視されるママ】「なぜ挨拶を無視するの?」自分を嫌っているママとの付き合い方
娘が3歳のとき、とあるマンションへ引っ越しました。 そこのロビーで、娘と同じ歳くらいの娘さんを連れているママとすれ違いました。同じマンションに住んでいるようです。 翌春。娘が幼稚園に入園するこ...
【前編】「あの子、早生まれでしょ?」生まれた月で子ども差別するママ友!隙を突いてギャフンと言わす
娘が3歳の春、児童館の子育てサークルに入りました。すでにいくつかグループができていたので、毎回遠慮がちにそのサークルに参加していたのですが、ある日の帰り、アツコちゃんママが声をかけてくれました。 ...
【第1話】行方不明になった夫と私の格闘日記ー今日も夫は帰ってこない?ー
私と夫は中学校の同級生でした。 ぶっきらぼうだけど、根はとても優しい夫のことが好きだった中学生時代。当時はまだ幼くて「付き合う」までには至りませんでしたが、成人式で再会し付き合うことになり、とんとん...