いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

最終話【第4話】夫と義母の暴力に耐えきれず子どもを置いて逃げた話…「ママ会いたかった」元夫の家へ

私は息子を置いて、あの家を出てきました。義両親と夫の暴言と暴力から逃げた後、夫との離婚は思ったよりすぐに成立して安堵していました。しかし家を出て心身が回復してくると、やはり息子のことが気がかりになってきます。
コミック_010
友人に背中を押され自治体に連絡をすると、DVの相談窓口や児童相談所を紹介してもらえました。あちこちに相談するうちにさまざまな家庭の事情を知ることになり、息子のことが心配でたまらなくなりました。とりあえず息子が無事かどうかだけでも確認したいと思った私は、義実家に行く決意をしました。

コミック_011

コミック_012
私の身に起きたことについて、もっと早くに誰かに頼っていれば早めに解決できたのかもしれません。しかし当時の私は、誰かに相談をするという思考も働かないくらいに心が恐怖と不安で支配され、蝕まれていたように思います。恐怖から1度距離をおくことで本来の自分を取り戻すことができました。自由の身になったいま、恐怖を感じず息子と普通の生活を送れることに喜びを感じています。

参考:裁判所「親権者変更調停」

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・よしはな 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

新連載【第1話】夫と義母の暴力に耐えきれず子どもを置いて逃げた話…「お前の遺伝だ!」
結婚後、私は義両親と同居していました。結婚当初は夫や義両親との関係は良好でしたが、息子を産んでから様子が変わりました。義両親も夫もいわゆるエリート。名門大学を出て、社会的地位があると言われている職業に...
【前編】旦那が「邪魔」「うるさい」と他人への悪口を聞こえるように大声で言う。やめさせるために私が考えた反撃とは……!?
旦那が、他人の悪口をいいます。わざと聞こえるように文句を言うんです。 思い込みとイライラしているときの八つ当たり。声も大きいので周りの人が「えっ、何あの人!?」といった感じでこちらを見ま...
【前編】夫「食費は2週間で8,000円に収めろ!」と無茶ぶり。もう我慢ができません
私は2歳の女の子のママです。夫はひと回り年上で、仕事も遊びもバリバリ。引っ込み思案な私をぐいぐい引っ張っていってくれるようなタイプです。その強気なところが男らしく見え、尊敬して結婚しました。しかし結婚...