いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】「学校行きたくない」小6の娘への陰湿な悪口……。イジメをやめさせたいママが思い切って「いじめっ子」に取った行動は

クラスメイトのAちゃんから嫌がらせされている娘のユリ。担任の先生に相談しても嫌がらせが変わらぬ状況にイラ立ちがつのります。解決するためには母親である私が出ていく必要があるのではと思うようになりました。でも一番大切なのは娘の気持ちです。
小6の娘をいじめてくる子と直接話した結果(後編)①
娘はしばらく考え、自分なりの結論を出したようです。

小6の娘をいじめてくる子と直接話した結果(後編)②
学校公開の日。結局Aちゃんのお母さんは最後まで現れませんでした。帰りの会が終わりクラスメイトがおしゃべりをしながら次々と教室を出ていくなか、私は帰り支度をしているAちゃんに近づきました。

小6の娘をいじめてくる子と直接話した結果(後編)③
毅然とした態度で話しましたが、相手はまだ子ども。あくまでも冷静に優しく、脅すような雰囲気はならないようにと努めました。そして学校公開に来ていた知り合いのママたちにも会話の様子を陰で見守っていてもらいました。もし後日Aちゃんのお母さんから「うちの子が脅された」というようなことを言われたら、第三者としての証人をお願いしようと思っています。その後、Aちゃんのお母さんから連絡があることもなく、嫌がらせもなくなり、娘は仲良しの友人たちと楽しい卒業式を迎えることができました。

イジメの解決方法は千差万別だと思います。イジメっ子とイジメられっ子の母親が直接話すのは稀かもしれません。うちの場合は私が直接話しかけたことにAちゃんがたじろいだので、たまたまこの方法で解決できました。今回は娘のために思い切って行動にうつしてよかったかなと思っています。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

【前編】娘がいじめの加害者!?「だってむかついたから」娘の言葉にショック!どうしてこんなことに……?
私はシングルマザーで、一人娘を育てています。 娘がなぜ人を傷つけるような子に育ってしまったのか……。正直今後の娘の交友関係も心配です。それに娘が暴力を振るった子のママさんはいわゆ...
【前編】「学校行きたくない」小6の娘への陰湿な悪口……。イジメをやめさせたいママが思い切って「いじめっ子」に取った行動は
小学6年生の娘・ユリがクラスメイトのAちゃんから嫌がらせをされています。毎日のように悪口を言われたり、根も葉もない噂話を流されたり。娘が傷ついている様子を見かねた私は……。 担任の先生に電話でこ...
【前編】娘がイジメの首謀者!?「自殺するまでいじめるからな」と発言した娘に親としての対応は
私の娘は現在中2で、4月から中3になります。先日お友達とトラブルになったようで学校からこんな連絡をもらいました。 実は学校から連絡がきたのは今回がはじめてではありません。中2になったばかりのとき...