いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】既婚の私「育児が大変!」独身の友人「婚活が上手くいかない」間に感じた深い溝。立場の違い、減っていく交流……

それぞれの立場の違いからか、少しずつギスギスし始めた私たち。それでも緩やかに交流は続いていました。ある日4人でグループチャットをしているうちに「久々にみんなで集まらない?」と言う流れになりました。いったんは全員が集まれることになったのですが、直前になって友人BとCが仕事の都合でドタキャン。結局、友人Aとふたりで会うことになりました。

既婚と独身、子持ちと子なしの深い溝【後】1約束したのは土曜の昼下がり。いつもなら友達と会うときは夫に子どもを預けていくのですが、その日はあいにく夫が休日出勤だったので娘を連れていきました。Aは最初のうちこそ娘を「かわいい~!」と言ってくれていたのですが、娘がグズったり、勝手に席を立って店を走り出したりしだすと、なかなか会話がスムーズにいかなくなり……次第にうんざりしたような顔になっていきました。愚痴を言う彼女に私はひたすら聞き役にまわり、彼女の不安を少しでも癒すことができたら……と思ったのですが、彼女はずっと同じ話を繰り返します。

既婚と独身、子持ちと子なしの深い溝【後】2

彼女の発言に思考がフリーズしてしまいました。「私みたいに結婚できない」という言葉に対しても、どうリアクションしたらいかわからない。それに……娘の容姿をけなされて泣きそうになってしまった私。あまりにもショックすぎて頭が真っ白になり、ただ呆然とするしかありませんでした。 帰り道、娘のベビーカーを押しながら、猛烈に悔しさと悲しみが襲ってきました。

既婚と独身、子持ちと子なしの深い溝【後】3

30代にもなると、友人関係は難しくなるのでしょうか。もしかしたら今は子どもを介して別の人と知り合ったり、パートや趣味、地域活動を通して友達ができたり、そういうことを優先する時期なのかもしれません。 昔からの友達と進む道が違ってしまったことは正直寂しくもありますが、今は娘と夫を大切にしながら、これからの出会いを楽しみにしていようと思っています。

昔の友達は……しばしのお別れ。今までありがとう。私は今でもみんなのことが大好きだし、みんなと一緒に一度しかない青春を過ごせて本当に幸せでした。また縁があれば、再び仲良くなれる日が来るでしょう。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・春野さくら 編集・一ノ瀬奈津

春野さくらの記事一覧ページ

関連記事

【前編】既婚の私「育児が大変!」独身の友人「婚活が上手くいかない」間に感じた深い溝。立場の違い、減っていく交流……
私には、高校時代の親友が3人います。同じバスケ部に入っていて、いつも一緒。20代半ばのころも定期的に集まって……いくつになっても顔を合わせれば一瞬で高校時代に戻れるような、何でも話せる親友でした。 ...
妊娠したら独身の親友から「切られて」しまった話
私には、学生時代からの親友、何でも打ち明けられる親友がいました。学生時代には恋の話や、将来の夢の話……。社会人になってからは、仕事の悩み、それからやっぱり恋の話……。お互いの家に泊まり込んで、夜が更け...
独身の友人の発言にイライラ、友人関係を一度リセットしたい
こんなふうに言われると嫌な気持ちになるし、さらに「実家暮らしなのに、自分だって自立しているって言えるの?」「子どもがいないのに私の気持ちなんてわかるの?」と意地悪く思ってしまい、毎回自己嫌...