いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!大っ嫌い…!ずっとそう思いたかったのに…?

私は姑が大っ嫌いでした。

とにかく孫が大好きで、いつも全力で孫と遊んでくれる姑。「おばあちゃん大好き!」の孫たちは、いつも姑に会いたがります。(いいよね……お義母さんは。ただ無責任に可愛がってくれるだけでこんなに子どもたちに好かれて……)子どもたちの心を奪い、その存在に嫉妬すらも覚えました。
姑を前にすると、なんだかイラ立ちが収まらず、3ヶ月くらい孫に会わせないでいたとき、突然訪ねてきました。
「なんか……悪いことしたかなぁ……? 私、空気が読めないって言われることあるから……。ゴメンね」と言いながら、20キロの高いお米を買って持ってきてくれました。
「お義母さん……腰が悪いのにこんな重いお米……」いつも孫のことを気にかけてくる姑が……大嫌いでした。
【後編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!

そんな姑が亡くなりました。 ガンになって亡くなりました。
【後編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!

大っ嫌いだった姑が亡くなった……。あの笑顔が、太陽のような笑顔が大っ嫌いだったのに……。永遠に眠り続ける姑の顔を見ていると、私からも大粒の涙がこぼれてきます。
私は泣く資格がないのに……。何で死んじゃうの? まだまだ「大っ嫌い」って思わせてよ。大っ嫌いって思わなくちゃ、距離の取り方が分からなくなっちゃうんだよ。
大っ嫌いって思うくらいがちょうどよかったんだよ。私たちは所詮は他人。近すぎたらいつか本当に嫌いになってしまう日が来てしまうから……
【後編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・きたがわなつみ 編集・井伊テレ子

きたがわなつみの記事一覧ページ

関連記事

【前編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!大っ嫌い…!ずっとそう思いたかったのに…?
私は姑が大嫌いでした。 結婚式の打ち合わせのとき、図書館から分厚い本を何冊も借りてきて、誰よりも前のめりにプランナーさんと話す姑。 飲食店で私の頼んだものが来ていないと。 姑:「あら? ...
夫が「産後うつ気味の私」にしてくれたことは…?救われた安いポロシャツの思い出 【いい夫婦の日:エピソード1】
15年ほど前、娘が生後半年くらいのときの話です。 育児に慣れてきた、の、かな……? というくらい育児に自信はなく、まだまだ新米ママだった私。毎日の育児が手探りで、気を張り続けていました。 ある...
【前編】義母の死に目に会えなかった義姉から「あなたのせい。一生恨む」と言われた……
先日お義母さんが亡くなった際、お義姉さんとあることでトラブルになりました。 良かれと思った行動でもトラブルになることがあるのだと心身ともにダメージを受けています。 病院は1人しか泊まれない規則...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
大嫌いな姑が亡くなりました