いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!大っ嫌い…!ずっとそう思いたかったのに…?

私は姑が大嫌いでした。
結婚式の打ち合わせのとき、図書館から分厚い本を何冊も借りてきて、誰よりも前のめりにプランナーさんと話す姑。
【前編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!

飲食店で私の頼んだものが来ていないと。
姑:「あら? 久美子さんのお食事、まだきてないの?」
私:「ランチ時ですし、お店の方も忙しいんじゃないでしょうか……」
姑:「そんなのダメよ!」
【前編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!

スーパーの駐車場に車を停めるとき。
満車で空きがないとき、他の家族と一緒に先にスーパーに入ってくれればいいのに、助手席から降りて雨のなか、出そうな車のところに走って行き「すみません! 次ここに停めさせてもらってもいいですか?」
声を掛け、その車が出ると私に向かって大きく手を振り大声で……。
【前編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!
ほんと、お義母さんと一緒にいると恥ずかしい……。そんな姑が大嫌いでした。

後編へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・きたがわなつみ 編集・井伊テレ子

きたがわなつみの記事一覧ページ

関連記事

【後編】嫁姑の絆。明るくてお節介で空気の読めない姑!大っ嫌い…!ずっとそう思いたかったのに…?
私は姑が大っ嫌いでした。 とにかく孫が大好きで、いつも全力で孫と遊んでくれる姑。「おばあちゃん大好き!」の孫たちは、いつも姑に会いたがります。(いいよね……お義母さんは。ただ無責任に可愛がって...
気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【前編】
私は父のことがとても嫌いでした。三人姉弟の長女だった私は、いつも父から叱られてばかりいました。勉強で分からないところがあると、深夜まで付きっ切りで叩きこまれました。運動でできないところがあれば、無理矢...
夫の余命宣告で気付く。「平凡で幸せな毎日」はもう取り戻すことができない
病院に担ぎ込まれる夫に付き添った私を待っていたのは、あまりにも衝撃的な現実でした。 職場の検診で見つかったというガンは、発見された時点ですでに手遅れだったそうです。大学生と高校生の子どもがい...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
大嫌いな姑が亡くなりました