いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

クリスマスプレゼントに「本が欲しい」とリクエストする娘。でも本ってクリスマスプレゼント感なさすぎじゃない?

pixta_71380173_M
今年もそろそろクリスマスがやってきます! 12月に入ると子どもたちもソワソワしだしますよね? そう、クリスマスプレゼント! です。お子さんはもうサンタクロースにプレゼントをリクエスト済みでしょうか? ママたちからも何か贈ってあげる予定にしていますか? あるママは、子どもが欲しがっているプレゼントを贈ってあげたいものの、少しモヤモヤしているようです。

『小4の娘は鳥が大好きで、クリスマスプレゼントに鳥の写真集をいくつか欲しいと言っている。けれどあるママに「本くらい(クリスマスではなくふだん)買ってあげなよ。クリスマスプレゼント感がなさすぎ」と言われてモヤモヤしている。みんなも本ならクリスマスまで待たずに買ってあげるの?』

クリスマスプレゼントに鳥の写真集をリクエストをしている娘さん。でもママがそのことをママ友に話したところ、クリスマスプレゼントに相応しくないと一蹴されてしまいました。みなさんはどう思いますか? クリスマスプレゼント感って何なんでしょう?

本を贈ったり贈られたり。クリスマスに限らず本は贈り物の定番

『私もクリスマスプレゼントが絵本のときがあったけれど、嬉しかったなぁ』

『義実家からのクリスマスプレゼントはいつも本だよ。去年のクリスマス、長男には本だった。ほしい本のシリーズを全部買ったら結構な金額になったわ……』

『本ならクリスマス待たずに買ってあげる』

クリスマスプレゼントに本をもらった経験があるママ、そして自分自身や周囲の人からクリスマスに本をプレゼントしたことがあるという声も少なくありません。一方で本はクリスマスに限らず、いつだって買ってあげたい、だからクリスマスプレゼントにする特別感はないかもしれない……という意見も見られました。いずれにしても、いつの時代にも、本や贈り物として選ばれる筆頭であることに変わりはないようです。

子どもの願いなのだから叶えてあげたらいいのでは

『子どもが欲しいものでいいと思うよ。うちの子はドリルが好きで、ひらがな・かたかな・計算ドリルにしたことがあるよ。めちゃくちゃ喜んでいた』

『本でもいいと思うよ。子どもが欲しいものならなんでもいいよ。クリスマスプレゼントにもらった方が、嬉しい気持ちも増すんじゃないかな?』

包装紙を開いて、プレゼントの中身が自分の欲しかったものならなおさら、子どもは喜びますよね。それにいっそう大切にしてくれるでしょう。喜んだ顔を見ることができるのは、親としては嬉しいですよね。迷うところですね……。

ちょっとブレイク!子どもにとっては特別な、でも一風変わったクリスマスプレゼント集

クリスマスプレゼントと言うと、大人側は「この日だけの特別の」「ふだんはもらえないような」「ちょっと派手めなやつ」といったものをイメージしがちです。でも冒頭のお子さんの「鳥の写真集」のように、思いのほかふつうのもの、あるいは「それを!?」とびっくりしてしまうようなアイテムをリクエストするお子さんもいます。そこでいっぷう変わったリクエスト集をお届けします。思わず笑ってしまうリクエストもありますよ。

『前にスーパー銭湯でクリスマスにサーモンをねだってた女の子がいたのを思い出したわ(笑)』

『甥っ子がすまし汁のセットを頼んで笑いが止まらなかったよ。最中の中にすまし汁の具が入っている、少しお高いインスタントの贈呈品』

『うちの子は干し柿と干し芋を要求してきたことがあったよ。自分だけの干し芋と干し柿をたくさん欲しいんだって』

『私なんて、誕生日にトマトジュースを1ケース買ってもらったことがあるよ。段ボールにトマトジュースがいっぱい入っていて、自分だけの飲み放題!』

『うちの子はチョコ10㎏と、サンタさんの手紙に書いてあったよ。チョコへの熱い想いが書いてあって、問屋と通販で10㎏買って渡した。つかみ取りぽく作った箱に入れた』

一風変わって見えるこんなアイテムあんなアイテムも、子どもたちにしてみればいたって真面目に「絶対欲しい!」と願っているアイテムなのですよね。つまり、どんなものでもきっと、子どもにとってはクリスマス感のあるアイテムなんです。
そう思えば、娘さんが欲しいと言っている「鳥の写真集」も、娘さんにとって特別なものなのではないでしょうか。

本にちょことプラス、こんな工夫をほどこしてみては?

『すごく良い写真集をセットにして、あとはサプライズで可愛い小鳥グッズもあげたら喜ぶんじゃないかな』

『クリスマスという日に、綺麗にラッピングされたものというのも嬉しさアップかなって』

投稿者さんのお子さんは鳥が好きなので、写真集に鳥の小物を添えても喜びそうですね。ラッピングもクリスマスの絵柄でも良いでしょうし、鳥が描かれている素敵なラッピングアイテムを使っても良いかもしれません。

クリスマスという特別な日に贈ることに意味があるのでは?

筆者にも子どもが2人(高校生)いて、小さいときには本をプレゼントしたことがありました。当時長男は恐竜にハマっていたので恐竜の本(恐竜が飛び出してくる仕掛け絵本)、娘は大好きなアニメの本でした。普段から本は買っていたのですが、やはりクリスマスのプレゼントとなると子どもにとっても意味合いが違ってくるように感じます。ラッピングがしてありますし、それだけでもう、‟見るからにスペシャル”なんですよね。また、その本は家族にとっても思い出の品になるのではないでしょうか。我が家では「これは10歳のときのクリスマスプレゼントだよね。あのときは恐竜が大好きだったよね」と振り返っては話すことがありますよ。
プレゼントは中身も重要には違いありませんが、家族の思い出という視点で考えていくのもいいかもしれません。12月25日の朝、クリスマスツリーの下に、素敵な鳥の写真集が届くといいですね!

文・川崎さちえ 編集・blackcat

関連記事

教育・習い事 に関する記事一覧
予想外のクリスマスプレゼント。純粋無垢な子どもが選んだ贈り物とは
クリスマスが近くなると「プレゼントは何がいい?」と毎年聞いてきてくれる義父母。最初こそ遠慮していましたが、孫にプレゼントしたいと言ってくれてるのだから、お言葉に甘えてありがたく頂くことにしました。 ...
クリスマスプレゼントの予算はおいくら?子どもの欲しいモノの値段に驚愕するママサンタたち #産後カルタ
子どもたちが欲しいクリスマスプレゼントの調査は、もうお済みでしょうか? 建前はもちろん「サンタさんに何をお願いするの?」などと遠回しに確認ですね。ただママたちには現実問題として”予算”というも...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
クリスマスプレゼントが本って可哀想なの?