いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】5歳の息子に20歳のママ。世間の目は冷たかったけれど、息子が成長した今……【息子と母の物語:エピソード3】

私は亡くなった姉の子を引き取りました。私が20歳、息子が5歳のときです。あれから私は理解のある旦那と結婚し、弟も産まれました。やがて息子は私が息子を引き取ったときと同じ年齢、20歳になりました。そしてある日、真剣な様子で話を切り出し……。
【息子と母の物語:エピソード3】

【息子と母の物語:エピソード3】
彼女が帰った後、久しぶりに息子と2人でゆっくり話しました。
長男「母さんが俺を引き取ったのって今の俺の年齢じゃん。正直遊びたかったでしょ?」
私「……確かに遊び足りなかったかもね(笑)。正直言うと、しんどいときも確かにあった。同い年の友達は大学行ったり、就職したりしていたし。とにかく自分の時間がなかったからね」

姉を亡くし、息子の母になると決心したものの、当時20歳の私にはまだ未熟なところがあったのも事実です。
長男「でもさ、俺の母さんがどのお母さんよりも若くてめっちゃ自慢だったよ! 覚えてる? 公園でも面白い遊び方してくれてたでしょ。全力で鬼ごっことかしてくれたよな。あのときの友達とは今でも仲いいんだよ。……だから本当に感謝してる

ふと私は昔を思い出しました。実の母親を亡くした息子は、引き取ってしばらくした頃、夜に激しく泣きわめくことがありました。

【息子と母の物語:エピソード3】

私が必死で「大丈夫、大丈夫よ」となぐさめていると、ふと息子が顔を上げて指をさし、「ママ!」 と私に向かって言ったのです。私を「ママ」にしてくれたのは、息子だったんです。

昔を思い出し、涙があふれてきて止まりません。ボロボロと大号泣する私に息子はびっくり。「なんだよー何で母さん泣くんだよー」と言いながらも、つられて涙ぐんでいました。いつの間にか立派に20歳に成長した息子。
いつかは結婚するんだろうけど、そのときは嬉しくて結婚式で泣きすぎてしまうかもしれません。

【息子と母の物語:エピソード4】へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

【前編】激しい反抗期に苦悩……あの優しかった息子はどこへ行ってしまったの?【息子と母の物語:エピソード1】
幼い子どもが成長すると、ときには親に反抗的な態度を取るようになったりもするでしょう。激しく暴言を吐かれたり無視をされたりしてママがひどく傷つくことも……。反抗期の子どもに疲れ切ってしまったときは、小さ...
小2の息子、遊びに行った公園での謎の行動……ママがほっこりした理由とは【息子と母の物語:エピソード2】
幼い子どもが成長すると、ときには親に反抗的な態度を取るようになったりもするでしょう。激しく暴言を吐かれたり無視をされたりしてママがひどく傷つくことも……。反抗期の子どもに疲れ切ってしまったときは、小さ...
【前編】5歳の息子に20歳のママ。世間の目は冷たかったけれど、息子が成長した今……【息子と母の物語:エピソード3】
私は亡くなった姉の子どもを引き取り、養子にして育ててきました。私が20歳で息子が5歳の時です。私との年の差は15歳。「今日から一緒に暮らそうね」と言った私に、息子は無言でうなづきました。 ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
こんな良い子に育っていたなんて…