いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【前編】激しい反抗期に苦悩……あの優しかった息子はどこへ行ってしまったの?【息子と母の物語:エピソード1】

幼い子どもが成長すると、ときには親に反抗的な態度を取るようになったりもするでしょう。激しく暴言を吐かれたり無視をされたりしてママがひどく傷つくことも……。反抗期の子どもに疲れ切ってしまったときは、小さいころの心温まるほっこりエピソードを思い出してみませんか?


息子は小さいときから怖がりで泣き虫、でもとても優しい性格でした。
5歳のころ。
【息子と母の物語:エピソード1】

後から乗ってきた人に「何階ですか?」と聞いては、階数のボタンを押してあげていた息子。まだ手が届かないので一生懸命に背伸びをして押そうとしていました。「ありがとうね」 と言われると「ふふふ」と嬉しそうに笑う息子。人に優しくしようとする息子を見て、私まで嬉しくなったものでした。

【息子と母の物語:エピソード1】

「なんだろう、これ……?」 高熱で寝込んでいた私。ふと目を覚ますと私の頭には冷凍食品のブロッコリーが。そして枕元には息子が大好きなオレンジジュースが飲まずに置いてありました。息子なりに私の熱を下げようと必死で考えたのでしょう。
気づくと隣の布団では息子がぐっすり寝ていました。口元には歯磨き粉のあとが付いたままで。(看病してくれたんだ……なんて優しい子なんだろう!)思わず涙ぐんでしまうほど感激したのです。

しかし中学生になると……。

【息子と母の物語:エピソード1】
優しかったはずの息子が親に対して暴言を吐くように……。私が何か言っても「うるせーな!」と怒鳴り、心も部屋のドアも閉ざしてしまいました。「ご飯作ったから降りてきなさい」とドアをノックしただけで舌打ちをする始末。

小さいころはあんなに優しかった子が、どうして? 見知らぬ人にエレベーターのボタンを押してあげていた姿、高熱を出した私を看病してくれようとしていた思い出がよぎります。あの優しかった息子はどこに行っちゃったんだろう……? 急に反抗的になってしまった様子に戸惑い、悩みが尽きませんでした。

【息子と母の物語:エピソード1】後編へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

【後編】激しい反抗期に苦悩……息子のなかにあった変わらない優しさ【息子と母の物語:エピソード1】
小さいころから心が優しかった息子。私が風邪で寝込んでいると、幼いながらに一生懸命考えて看病してくれるような子でした。 ところが息子が中学生になると私は激しい反抗期に悩まされるようになりました。私の言...
【前編】「本当使えない!」反抗期真っ最中!10代の子どもたちに疲れ果てたママ。辛い時期をどうやって乗り越えた?
私には反抗期真っ最中の息子(高校1年)と娘(中学2年)がいます。長期休みが始まってすでに家は嫌な雰囲気。 洗濯がまだ終わっていないと、娘が「今日この服を着ようと思ったのに! なんで洗って...
【前編】これが普通の“反抗期”?中1の娘がすぐ癇癪を起こして話が通じない……悩んだママが夫の言葉で気づいたこと
私には中学1年生の娘がいますが、最近娘との関わりで悩んで疲れを感じていました。 たとえば先日、娘が学校から宿題を持ち帰ってきたときのことです。 さすがに「クソババア」はよくない。そ...