いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

車にもマタニティマークってつけるの?ママたちが考えるその必要性とは

mark
妊娠中であることを周囲に知らせるマタニティマーク。交通機関を利用している妊婦さんが、バッグにつけているのをしばしば目にしますよね。そんなマタニティマークをバッグ以外につけている人を見たというママさんからの投稿が寄せられました。

『妊娠中の幼稚園のママが車に大きめのマタニティマークのステッカーをつけてた。バッグにつけるのは今じゃ普通だけど、「車にもつけるの?」ってびっくりした。「妊娠した」ってアピールしたいのかなと思ってしまった。車にもやっぱり必要?』

マタニティマークのついたキーホルダーは住んでいる自治体に妊娠届を提出し、母子手帳と一緒にもらいますよね。また交通機関では無料配布していることもあります。しかし車に貼りつけるタイプのステッカーやマグネットも実は一般に流通しています。今回は、「マタニティマークって車にも必要?」という投稿者さんの疑問とママスタコミュニティに寄せられた投稿をご紹介します。

車用のマタニティマークは自治体によっては配布される

そもそも車用のマタニティマークがもらえるかどうかは、自治体によって異なるようです。ママスタコミュニティでも、

『市で母子手帳と一緒に車用ステッカーも貰ったよ』

『私の市では、カバンにつけるキーホルダーか車につけるステッカーを選べるよ』

『妊婦健診のチケットとか色々入ってる中に、キーホルダーもステッカーも両方入ってたよ』

『私は市からキーホルダーしかもらわなかった』

と、ママによってバラバラでした。そのため認知度についてもバラつきがあるようです。そんな車用のマタニティマークについて初めて知ったという投稿者さんは「妊娠アピール?」と勘ぐってしまったそう。同じような考えを持つママもおり、子どもを望んでも持てなかった人から嫌な目に遭う可能性を示唆する声もありました。

『マタニティーステッカーが貼ってあっても本当に本人かわからないでしょ』

『子どもを持てなかった人がノイローゼ気味になって攻撃してくる可能性も否定できない』

『不妊に悩む人にぶつけられなければいいね』

事故や体調不良の時に「妊婦が乗っている」という情報が助けになる

しかし、本来マタニティマークとは妊婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周りの人が妊産婦への配慮を示しやすくするためのもの。また緊急時に妊婦であることを知らせやすくする目的もあります。それはバッグにつけるキーホルダータイプでも車につけるタイプでも同じです。

『アピールじゃなくてとにかく事故が心配なんじゃない?』

『運転中、急に何かが起こったときに車にマークがついてることで妊婦だとすぐに判断できるよね。妊娠中は何があってもおかしくないから』

『「車で移動中に急停止する可能性がある車ですよ。後続車は車間距離にご注意ください」って意味だと思う。マタニティマークがあれば、いつ「あいたたたた」で止まるかもしれないし。事前予告してくれるとは実にありがたいと思う』

『万が一、急に産気づいたときに すぐ気づいてもらえるようにじゃない?』

『事故を起こしたときなどに、「赤ちゃんが乗ってる」、「お年寄りが乗ってる」、「妊婦さんが乗ってる」というのは、通報や救助する側からすれば重要な情報』

乗車中に突然気分が悪くなって急停止したり、速度を落としたりしたときに、妊娠中であることが周知されていれば急を要する事態になっても周囲が助けやすい状況になるでしょう。また、何もマークがなければ相手もこちらの事情がわからないため、ドライバー同士で不要なトラブルが起こる可能性だってあります。何があるかわからない妊娠中だからこそ、マタニティマークの存在によって不測の事態に備えられる有効性を指摘する声が寄せられていました。

「車にマタニティマークをつけていてよかった!」実際の体験談

またママスタコミュニティでは、「自分や誰かが車にマタニティマークをつけていてよかった」という自身の体験談や「自分もつけておきたかった」という意見も投稿されました。

『「妊娠中の人が乗ってるんだな」と思ったら車間距離を空けるようにしてる。何でもそうだけど、マークがついてる車には配慮してあげるべき』

『優先駐車場に停められるようにじゃないの? 私は妊娠中、イオンとかで優先駐車場に停めるのがちょっと後ろめたかったよ』

『今、妊娠6ヶ月だけどお腹も出てなくて気づかれたことがなくて、子どもも2歳だから初心者マーク、マタニティマーク、ベビーインカーを貼ってる。一番の目的は、事故で私が意識を失ったときや災害に巻き込まれたときに煽り運転などが怖いから。色んな境遇や考えの方がいることは承知だけど、もしもに備えてるよ』

『長男の妊娠がわかった頃、つわりの影響で運転してても酔うからゆっくりしか走れなかった。そういうときは車に貼るやつが欲しいなって思ってたな』

マタニティマークの装着については、考え方は人それぞれ。なかにはマタニティマークを巡る悪いニュースを目にしたことで、「絶対につけたくない」と考えるママもいるでしょう。しかし、ママスタコミュニティに寄せられた「マークをつけていたから助かった」という実際の体験談を見ても、バッグでも車でもマタニティマークをつけていることのメリットは少なからずあるようです。妊婦さん自身が周囲に配慮を求めることを委縮してしまう社会にしないためにも、私たち一人ひとりがマタニティマークをつけた車を理解し、思いやりの気持ちを忘れないようにしたいですね。

文・秋山悠紀 編集・山内ウェンディ

関連記事

妊娠・出産 に関する記事一覧
マタニティマークをつけている妊婦さんは何パーセント?約40%は「○○が怖い」との意見も
妊娠したら病院などでもらうことができるマタニティマーク。みなさんはこのマタニティマークを妊娠中にカバンなどにつけていましたか? あるママさんはマタニティマークを付けているそうですが、他のママさんが...
「マタニティマークが見えたから」妊娠中の通勤、顕著な対応の違い
私は、現在妊娠中。電車でラッシュを避けて時短勤務をしています。ある日の出勤時のことでした。 マタニティマークが見えているはずなのに、先に座り、勝ち誇ったような視線を向けてきた...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
車にマタニティーマーク