いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<母との決別>これって毒親ですか?自信が持てない私、過保護すぎる母【後編】【まんが】

母との関係性に悩んでいた私。ある日、ネットサーフィンをしていると「毒親」という言葉に行き当たりました。読めば読むほど、毒親の定義にあてはまる母との思い出。でも……。
【後編】これって”毒親”ですか?

【後編】これって”毒親”ですか?
掲示板でやりとりをするなかで「わたしだけじゃないんだ」と少し希望が持てました。かといって、母とどう付き合っていくかを考えると、やっぱり胃がキリキリ……。その後、次男を妊娠したタイミングで、田舎にある義実家との同居の話が舞い込みました。
【後編】これって”毒親”ですか?
私は「顔が見たいです」という母の言葉はスルーし、「元気にしています」とだけ返事を送りました。その後、結局母との関係性は変わらないまま。それから2年が経ったある日、母は持病の発作により亡くなったとの連絡が入りました。

【後編】これって”毒親”ですか?
【後編】これって”毒親”ですか?
理不尽な態度をとられても、それが母の愛情だと受け取り、粘り強く向き合えばよかったかもしれません。だけどわたしにはそれができなかった。過干渉でヒステリックな母。そして私が幼少期のころのやさしい母。いいことも悪いことも。いくら物理的に離れようとしたところで「母」という存在は私の中に入り込んできます。それは母がこの世にいなくなってからも変わりません。やっぱりわたしは、心のどこかでは「母は毒親じゃない」そう信じていたかったんだと思うのです。

脚本・中谷綾乃 作画・善哉あん 編集・Natsu

【つぎ】の記事:【前編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。私は愛されていなかったのかな…… #毒親日記 【ケース33】

善哉あんの記事一覧ページ

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

関連記事

<母に違和感>これって毒親ですか?自信が持てない私、過保護すぎる母【前編】【まんが】
私は小さい頃から自分に自信が持てないタイプでした。仕事も恋愛もうまくいかなくて長い間悩んでいましたが、運良く優しい旦那さんと出会うことができ、息子2人が誕生しました。今はとても穏やかで幸せな毎日を送っ...
【前編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。私は愛されていなかったのかな…… #毒親日記 【ケース33】
私の母はお金にだらしのない人でした。 電気やガスなどのライフラインが止まることなんてしょっちゅうで、暗闇の中で生活することも多く、さらにはお風呂のないアパートだったため冷たい水道でタオルを濡らし...
【ケース31】実母が孫に毒を吐く。子ども時代つらい思いをしたママがついに反論!すると…… #毒親日記
うちは私の実母と同居をしています。 ある日、小2の娘と実母、私で朝ご飯を食べていると娘が暗い顔してお友達の相談をしてきました。 私は娘を励ますようになだめようとしたのに、実母は娘の心をえぐるよ...