いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】「仲良しだと思ってたのに!」親友グループに一人誘われなかった娘。どうやって励ます?

「何をするにも3人一緒がいい!」と言っていた娘ですが、仲良し3人グループの2人が内緒で会っていたところに遭遇してしまったのです。
【後編】「仲良しだと思ってたのに!」
こういうときは、相手を気まずい空気にさせない様に手短にその場を去るのが一番! 私自身がニコニコと対応して「今日は自分たちは自分たちで楽しむ日だよ!」と示せば、娘の残念な気持ちが少しでも軽減されるのでは? と思っています。

ママ「ハナ、お洋服欲しかったんだよね? どこ行く? いつもの……」
とつとめて明るく話題を振りますが、目に見える落ち込みっぷりの娘。
ママ「……ちょっと休憩しようか」
飲み物を買って公園に寄りました。 椅子に腰を掛けながら私は娘に話しかけます。

【後編】「仲良しだと思ってたのに!」
ハナ「…………」
ママ「これから、とくに女の子は”グループ”というものが付きまとうと思うわ。仲良しのお友達がいることはとっても素敵なことだけど、グループであっても結局は”個人”の集まりだってことを忘れちゃダメよ。グループだからっていう理由で個人を縛るのは勿体ないわ。あなただってこれからあの2人よりももっと気の合う友達ができるかもしれない。そうしたらどうする? 自分の気持ちに我慢して、あの2人と付き合い続けるの? 人間関係って互いの成長によって変化していくものでもあるのよ」
ハナ「難しい……」

【後編】「仲良しだと思ってたのに!」
私の言いたかったことが娘にどれだけ伝わったかはわかりませんが、次の日、ナナちゃんとユイちゃんから「ハナ、昨日はゴメンね! 実は推しのアイドルのライブに行っててさー!ハナあんまりアイドルとか興味ないでしょ? だから言えなくて……」と経緯を説明されたのだそう。

これから先、人間関係でつまずくこともたくさんあるでしょう。娘の悲しそうな顔を見ると、私も落ち込んでしまいそうになりますが、そんなときこそ「気にしない!気にしない!」と明るく背中を押してあげたいです。

ひとつひとつ、一緒に乗り越えていければと思います。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・しっぽ 編集・木村泉

しっぽの記事一覧ページ

関連記事

【第1話:学校に行きたがらない息子】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡
息子、拓也は保育園になかなか行きたがらず、毎朝大泣きして登園していました。今思えばそれがすべての始まりでした。それから私たち家族の長い葛藤が始まることになるのです。 小学生になってからもスムーズ...
【前編】「仲良しだと思ってたのに!」親友グループに一人誘われなかった娘。どうやって励ます?
小学5年生の娘には「ナナちゃん」と「ユイちゃん」という特別に仲の良い友達が2人います。5年生になったときに同じクラスになり、あっという間に意気投合をして登下校も一緒、放課後もずっと一緒に遊んでいます。...
【前編】おやつ禁止の理由は「お金を払っていないから」と言われ、先生の対応にモヤモヤ……
小学1年生の息子は、ある食べ物に対してアレルギーを持っています。万が一の事故を防ぐため、学童内での食べ物や飲み物の提供は一切できないことになっています。アレルギーの息子が食べるおやつや飲み物は、すべて...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
小学校高学年女子 自分だけ誘われず