いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【前編】子どもの出来は母親の評価に直結する?ママたちの下した判断とは……


みなさんのお子さんは、周りから「出来のいい子」と言われることはありますか? 「出来の良さ」の定義は人それぞれでしょうが、今回ママスタコミュニティにはこんな意見が寄せられました。

『「子どもの出来・不出来=母親の評価」だよね。子どもの出来が悪いとダメな母親、出来がいいと立派な母親。「そんなことない、関係ない」というのは綺麗事。なんだかんだ言っても世間はそういう評価なんだよね』

「子どもの出来がいいかどうかは母親の評価に直結する」と考えている投稿者さん。どことなくママたちの心の中がざわつきそうな意見ですね……。さて実際のところ、ママたちはどのように感じているのでしょうか?

世間ではそういう風潮がある、と感じるママたち

『出来が悪いと子どものせいする親ばっかりだけどね。出来がよくなるような育て方を知らないだけ』

『そういう風潮があると思う。だからプライドの高いお母さんは子育てに必死になるんでしょう。上手くいけばいいけれど、間違えれば子どもを押さえつけることになるし。評価を過剰に気にする親の子は、可哀想だけど真っ直ぐには育たないことが多い』

『ひとつ言えることは、母親の要領のよさが重要ということだと思うよ。結婚生活を上手くこなしている人は子育ても上手くやっているなと思う。結婚生活に失敗すると子育ても失敗している人が多く感じる。要領や賢さなのかなと思うわ』

『世間の評価はそうだよね。違うとは言えない。男性は仕事や収入が評価基準、女性は家庭が評価基準』

投稿者さん同様に、「子どもの出来は母親によって決まる」と主張するママたち。そういった風潮を無意識のうちに感じ、子どもの教育に力を注ぐママたちもいるようです。なかには「男性の評価は仕事、女性の評価は家庭」との持論を展開する方も。そう感じているママたちが少なからずいるということは、「子どもの出来は母親によって決まるという風潮は絶対にない」とは言いきれませんね。

なぜ母親ばかりが……納得できない!

『本当にそうよね。何もかも母親がやって当然。子どもを産んだからって、もともとの性格は変わらないのに、学校の役員や苦手なことも「子どものため」とことあるごとにやらなきゃいけないし、日常の生活の世話も当たり前に母親。とにかくほとんど母親がやっているのに、子どもができないことは母親のせいにされる……』

『「そんなことはない」と思いたいけれど、周りの人、特に同じ母親は他人に対してそう思いがちだよね。子どもの相談でも「母親が悪い」「そんな母親だから子どもも……」という意見もよく聞くし。事故なんかも母親以外の人のうっかりが原因だったりすることもあるのに「母親は何をやっているんだ?」「自分で見ない母親が悪い」って。怖いなぁって思うよ』

「子どもの出来=母親の評価」との風潮があることは理解しながらも、納得はできないと考えているママたち。母親が子どものためにすることは「当然」、何か悪いことが起きたら「母親が悪い」との世間の風の冷たさを嘆く声も……。子どもについての責任のほとんどを母親が担わされていると感じる人もいるようですね。

子どもの出来はママ友関係にも影響する!?

『うちの子は頭はそこまでよくないけれど、学校に毎日きちんと行くし、スポーツもそこそこ得意だから友だちもいる。そんな子だから私にもママ友がいるんだと思っている。勉強もスポーツもダメで友だちがいない子だったら、私にはママ友なんてできていないと思う』

『私は育児と言えるようなことは何もしていないしほったらかしだけれど、子どもの出来はいい。周りからいつも誉められる。楽な子でよかった』

『私は中卒で20歳で子どもを産んだけれど、子どもがイケメンで優等生でいろんな人から褒められる。先生からも「頼りにしています」と言われるほど。私自身は「若いママだから、子どもがヤンチャだったり問題児だったら周りの対応は全然違ったんだろうな……」と心の中で思っている』

『うちの子は完全に反面教師だな。「どうしたらそんなに立派な子に育つの?」とよく聞かれるけれど、私が知りたい。バイト先での評価もよくて、そのまま就職を薦められている』

「子どもの出来・不出来を母親の責任にされて荷が重い」と感じるママたちがいる一方で、「子どもに感謝している」と主張するママたちも現れました。お子さんがいろいろな方から褒められるからこそ、ご自身も母親として周りから認められていると感じているようですね。

『ハッとした。子どもに怒ってばかりだけれど、この子のおかげで私はママ友たちとうまくやっていけている部分もあるのかもしれない』

『そうだよね。子どもが友だちとうまくいっているから、そのお母さんたちも私に話しかけてくれるんだよね』

この意見はほかのママたちにも新しい視点を与えたようです。お子さんの素行によって母親として責任を追及されることがある反面、逆に高く評価されるというプラスの面があることもまた事実でしょう。「思い返してみれば、子どものおかげでママ友関係がうまくいっている」と感じたママたちもいたようです。

「母親としての評価は子どもの出来によって決まる」と感じているママたちがいる反面で、「子どもと母親はまったくの別物」と主張する方もいたようです。ママたちがそう考える理由とは一体……?
後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子  イラスト・ちょもす

関連記事

【後編】子どもの出来は母親の評価に直結する?ママたちの下した判断とは……
「子どもの出来=母親の評価」と考えている投稿者さん。子どもの出来がいいかどうかは母親の評価に直結するというこの意見は、ママたちのあいだに大きな波紋を呼びました。「確かに世間ではそう考えられている風...
中学生になれば子どもの実力がわかる?子どもを褒めるのと同じくらい大切なこととは
"十で神童、十五で才子、二十歳過ぎれば只の人"という言葉を聞いたことがありますか? 小さいころは才能を持っている子どもも、大人になるにつれ普通の人になってしまうことを例えたことわざです。しかし努力...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
子供の出来不出来=母親の評価だよね