いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。家族ってなんだろう……【夫SIDE】

僕は都内で働くサラリーマンです。 毎日残業続きで、帰宅が深夜0時を過ぎるのは当たり前。週末もほとんど出張です。息をつく暇もないくらい忙しく、残業や休日出勤をこなしている割には、給料はそんなに高くありません。
首都圏で家族5人、ぎりぎり暮らせる額。 年に1回家族旅行に行くくらいで、普段はあまり贅沢はさせてあげられません。 だからこそ、もっと働いて、昇給して、家族に楽をさせてあげたいと思い、毎日必死に働いてきました。

でも最近こんなことがありました。「来週出張だから」と言うと、妻が暗い顔で
「それって、絶対行かなくちゃ駄目? その日、小学校の学芸会があるんだけど……」
「たかが学芸会で休めるわけないだろ。こっちは仕事なんだから」 すると、妻が僕を力なく見つめ、こんなことを言いました。
「そうやって、二言目には仕事、仕事……」
【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。

「家族との時間は、全然なくても構わないの? 子どもたちの入学式も、運動会も、全然来なかったじゃない……」 妻は涙ぐみながら隣の部屋に行ってしまいました。

【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。

ある日残業をしていると、遅番パートの年配女性、北野さんと、休憩室で一緒になりました。 北野さんはパート歴10年のベテラン。 それでいて気さくで雰囲気が柔らかくて、どことなく「この事業所のお母さん」みたいな存在でした。
【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。
「えっ……」 北野さんいわく、仕事人間で家庭をいっさい顧みなかった父親を、引き取って自宅で看る気持ちにどうしてもなれない。 父親は仕事をしてお金を稼いでくれた。それが男親としての愛情だとわかっているけれど、全く一緒に過ごす時間が無かった父親に対して、どうしても”ずっと一緒に暮らしたい、面倒を見続けたい”という感情がわかない、とのことでした。
「もちろん、ホームに入ってもこまめに面会にはいくつもりよ? でも……」

【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。

その日の夜――

【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。
「家族の時間を増やしていきたい……」僕の思いは妻に届くだろうか。これから家族の信頼を取り戻すためにできること考え、行動にうつしていこうと思います。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本:大島さくら 作画・松本うち

松本うちの記事一覧ページ

関連記事

【前編】実家を頼るのはいけないこと?……なぜかママ友ができません
お母さんが作ってくれた夕食を食べ、実家のお風呂に入り、夫が帰ってくる少し前に自宅アパートに戻ります。 夫の夕食は、お母さんが作ってくれたものをタッパーに入れて持ち帰ります。 私は家事育児に追わ...
【前編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。家族ってなんだろう……
我が家は5人家族です。夫はサラリーマン、私は専業主婦。小3の長女、小1の次女、そして2歳の長男がいます。 夫は仕事がとても忙しく、朝7時に家を出て日付が変わるころに帰宅します。 土日は基本休みですが、...
「つらいなら最初から産むな」と言われそう?ワンオペ育児を我慢し続けてきたママへの「救いの手」
夫婦ともに実家は新幹線の距離。夫は常に激務。休日も出勤。そのため私はいつもワンオペ育児で2歳の娘と0歳3か月の息子を育てていました。 育児に追われ、自分ひとりの時間がないというのは、想像を絶する...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
激務の夫