いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「つらいなら最初から産むな」と言われそう?ワンオペ育児を我慢し続けてきたママへの「救いの手」

夫婦ともに実家は新幹線の距離。夫は常に激務。休日も出勤。そのため私はいつもワンオペ育児で2歳の娘と0歳3か月の息子を育てていました。

育児に追われ、自分ひとりの時間がないというのは、想像を絶する大変さでした。

ワンオペ育児 児童館

ワンオペ風呂は特に大変! 子どもがのぼせていないか、浴槽に沈んでいないか、ピリピリしながら鬼の形相で身体と髪を洗います(下手すれば洗えない日も)。風呂上がりも、湯冷めしないように速攻で子どもの身体を拭き、保湿をして、服を着せ……その間、ママは濡れたまま。おかげで風邪をひくこともしょっちゅう……。

夜泣きや深夜の授乳、おむつ替えで、ぐっすり眠るなんて夢のまた夢。疲れなんて取れるはずもなく、「眠さ」と「疲れ」を抱えたまま翌朝の育児が始まります……。
ワンオペ育児 児童館

ワンオペ育児 児童館

ワンオペ育児 児童館

ワンオペ育児で、家という「殻」に閉じこもって……人の手を借りるなんて、1ミリも頭に浮かびませんでした。

自分が欲しくて産んだのだから、育児がどんなに大変だろうが、自己責任。何があっても自分の力だけで乗り越える。人の助けは借りない。それが当たり前だと思い込んできました。そんな私の頑なな考えを、児童館の先生が爽快に打ち破ってくれたのです。

「いつでも預けていい」「子どもは地域で育てる」その言葉だけで、

「私たちはママの味方よ、いつでも手を貸すから」そんな気持ちで寄り添ってくれる人がいる……その事実だけで、

スッと気持ちが楽になりました。

一時預かりはまだお願いしていないにもかかわらず、身も心も一気に軽くなりました。

そうか、一人で頑張らなくてもいいんだ……歯医者、行けるんだ。

その日の児童館からの帰り道は、いつもより空が高く、澄んで見えました。

 

脚本・大島さくら イラスト・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

ワンオペ育児中に下痢……!トイレにまで後追いする子どもに気づかされた「満足に排泄できないことの情けなさ」
お食事中のみなさん、申し訳ありません。 これは放置していては危ない! でもお腹は痛い痛い痛い! トイレの扉を開けたいところ……だけど、ずりばいでトイレの床を這われるとすっ...
夫の単身赴任で思いがけず「ワンオペ育児のスリム化」が図れた話
私の夫の業務は朝から晩まで超多忙! 深夜12時に帰宅することもザラです。 一方の私はというと生後7か月の息子の世話に四苦八苦。息子はなんにでも興味津々でハイハイでどこまでも行くし、せっかく作った...
ワンオペ育児のママが高熱で倒れた!知らない土地で孤独だった親子を助けてくれたのは?
夫の仕事の都合で、互いの実家より遠く離れた場所に住むことになった私たち夫婦。「身近に頼れる人」がいない状況での子育てが、これほどまでに大変だとは思いもしませんでした。 夫は出張の多い仕事をしてい...