いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。家族ってなんだろう……

我が家は5人家族です。夫はサラリーマン、私は専業主婦。小3の長女、小1の次女、そして2歳の長男がいます。 夫は仕事がとても忙しく、朝7時に家を出て日付が変わるころに帰宅します。 土日は基本休みですが、月の半分は出張が入ってしまいます。 実家も義実家も遠方で、周りに頼れる親戚はいません。
なので、ずっと私がひとりで3人の子どもたちを育ててきました。 育児は常に待ったなし。どんなに体調が悪くても休めません。これがなかなかつらい。
「そんなの産む前からわかっていたことだろう。母親の覚悟が足りない」 と世間からお叱りの言葉を受けそうですが、それでも24時間365日、”母親”としてい続けるというのは本当に大変なことです。

そんなある日。土曜の夜のことでした。
【前編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。

考えても仕方のないことです。夫は今、出張で九州にいます。
(それでも何か会話を交わすことで気持ちが落ち着くかもしれない)そう思い連絡を取りました。

【前編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。
また、別の日にこんなこともありました……。

小学校で長女と次女の保護者会がありましたが、私は朝からひどい腹痛で、寝込んでいました。しかしその日は平日のため、夫は当然仕事です。ダメ元で「会社を早退して、保護者会、代わりに行ってくれない?」とメールしようと思いましたが…… どうせ送っても無視されるだけだと悟り、やめました。
私は痛み止めを飲み、それでもおさまらない腹痛を必死に我慢しながら、グズる2歳の息子をベビーカーに乗せ、2クラスの保護者会をはしごしました。

……と、思い起こせばいろいろありますが、やはり一番寂しいのは子どものイベントのときです。運動会や学芸会はもちろん、夫は「仕事が忙しいから」と言って、小学校の入学式にすら来ませんでした。 子どもの成長を、誰かと一緒に喜びたかった。分かち合いたかった。
でも「仕事だから仕方ないだろ」と言い、夫は会社に行ってしまいました。
【前編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。
私が困っていても、子どもたちが熱を出しても、激務の夫はいつも不在。 家族ってなんだろう……そろそろ限界です。

後編へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・松本うち

松本うちの記事一覧ページ

関連記事

【後編】ワンオペの虚しさ。激務の夫はいつも不在。家族ってなんだろう……【夫SIDE】
僕は都内で働くサラリーマンです。 毎日残業続きで、帰宅が深夜0時を過ぎるのは当たり前。週末もほとんど出張です。息をつく暇もないくらい忙しく、残業や休日出勤をこなしている割には、給料はそんなに高くありま...
里帰り出産なしのワンオペ育児に追い詰められた新米ママ。夫とともに選んだ道は……【前編】
そこで私は、産後は自宅マンションに戻り、全て自分で乗り切ろうと決意。産後1か月、家にお籠りする準備もしました。食材や日用品は宅配を頼み、レトルト食品を買い込み、長持ちしそうなお惣菜を作って、冷...
ワンオペ育児のママが高熱で倒れた!知らない土地で孤独だった親子を助けてくれたのは?
夫の仕事の都合で、互いの実家より遠く離れた場所に住むことになった私たち夫婦。「身近に頼れる人」がいない状況での子育てが、これほどまでに大変だとは思いもしませんでした。 夫は出張の多い仕事をしてい...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
激務の夫