いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】子育ては平等ではない!?里帰り出産で楽しそうに育児をしている義妹が羨ましい

義実家で里帰り出産した義妹。至れり尽くせりの産後を過ごしている彼女を見ているとモヤモヤしてきます。
でも、義妹はそんな私の気持ちも知らず、こんなことを話しかけてきます。
里帰り出産の義妹(後編)1
この辺りでモヤモヤが最高潮に達した私は、つい本音を漏らしてしまいました。 私が里帰りして両親に甘えることができなかったのも、息子が寝ない赤ちゃんで苦労したことも、義妹が義両親と仲良く子育てしていることも、すやすや眠る育てやすい赤ちゃんであることも、全て、比べても意味のないこと……でも、やりきれない。

里帰り出産の義妹(後編)2

ちょっと信じられない話でした。うちの夫は生まれて間もない息子に会いたいと言って、毎日産院に通ってくれました。退院して自宅で過ごすようになってからも、おむつを替えたり、抱っこしたり、ガラガラであやしたり……。私もそんな夫と息子を見て、何度心癒されたことか。 なので、義妹の旦那さんがまったく我が子に興味を示さないことに衝撃を受けました。

そして、先ほどの義妹の「何だか不安で……」という言葉を思い出しました。

里帰り出産の義妹(後編)3

私は実家に頼れないけれど、その分、夫が育児を進んでやってくれる人でした。その点ではとても救われています。

夫の協力は得られるけれど、実家に頼れない私。 実家は頼れるけれど、夫が育児に全く興味のない義妹。 そこで初めて私は(ああ、比べても意味がないな、どっちも大変だ……)と実感しました。

子育ての大変さは、ある一面だけ見てもわからない。みんな、いろいろな不安や苦労を抱えながら、一生懸命わが子を育てている……。 最後に義実家を去る際「あの、さっきはごめんなさい……頑張ってください……!」 そう言うと、義妹は穏やかな笑顔を私に向けてくれました。
子どもを育てている人は、みんな『育児』という人生の一大プロジェクトに取りかかっている仲間。
立場は違っても、優しい心で見守り合って、頑張っていけたら……そう、心の中で呟きました。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・みとうさゆ

みとうさゆの記事一覧ページ

関連記事

【前編】子育ては平等ではない!?里帰り出産で楽しそうに育児をしている義妹が羨ましい
私は12歳年上の夫と、現在3歳になる息子の3人家族です。 話は息子を妊娠していたときに遡ります。 私の実家は新幹線で1時間ほど離れた地方都市にあるのですが、残念ながら関係があまり良くなく……。なの...
【前編】実家を頼るのはいけないこと?……なぜかママ友ができません
お母さんが作ってくれた夕食を食べ、実家のお風呂に入り、夫が帰ってくる少し前に自宅アパートに戻ります。 夫の夕食は、お母さんが作ってくれたものをタッパーに入れて持ち帰ります。 私は家事育児に追わ...
【前編】育児で精神的に不安定になっていた義妹が出した結末とは……
実弟の奥さん、つまり私の義妹(Aさん)が「育児がつらい」と言っています。 ※産後うつになると……『うつ病になると、自分自身や自分の置かれている状況を悪くとらえる傾向が強くなります。したがって...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
「里帰り+よく寝る赤ちゃん」