いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】子育ては平等ではない!?里帰り出産で楽しそうに育児をしている義妹が羨ましい

私は12歳年上の夫と、現在3歳になる息子の3人家族です。
話は息子を妊娠していたときに遡ります。
私の実家は新幹線で1時間ほど離れた地方都市にあるのですが、残念ながら関係があまり良くなく……。なので、里帰りはせず、夫とふたりで協力して育てることにしました。

里帰り出産の義妹(前編)1

土日は夫に頼れるから、平日の5日間をひとりで乗り切ればいい。きっと大丈夫。 そう、思っていたのですが…… 。

息子が生まれた直後は、それはもう大変でした。

いざ産んでみると、会陰切開の傷もまだ癒えていないし、おっぱいもカチカチに張って痛くて……産後の身体はボロボロで、産前のイメージ通りの家事育児なんて全然できません。 それに、なによりも辛かったのは、寝不足!  うちの息子は、とにかく寝ない赤ちゃんだったのです。 朝昼晩、24時間、ずっと泣いています。 しかも、頭が割れそうなくらいの大音量でギャンギャンと。 特に辛かったのは夜です。立ってゆらゆらと抱っこしていないと泣いてしまいます。

夫は翌日の仕事に響くので、夜はしっかり寝てもらいたい。なので、私はひとり、夜通しグズる息子を抱っこして、ほぼ徹夜で朝を迎えます……。一体いつ眠れるんだろう。常にフラフラで、まさにゾンビのようでした。 そんな寝不足の中、家事なんてできるはずもなく……お腹が減っているのにクラッカーを片手でかじるだけでご飯を終えたこともありました。こんなとき、食事を作ってくれる誰かがいたらどんなに助かることでしょう。 常にぐったり、ボロボロで「赤ちゃんを見に行きた~い!」という友達のメールにも、返事すらできませんでした。

それからあっという間に3年が経ちました。 あの新生児ワンオペ育児も、今振り返ってみればいい思い出……とはまだ言えません。 いまだにあの頃の大変さを思い出すと、胃がキリキリします。 美談になるのはあと数年かかりそうです。

里帰り出産の義妹(前編)2
そんなある日、夫の妹さん(とはいえ私より10歳年上なので、私の方が妹のような立場です)がこのたび、待望の第一子を出産しました。 義妹は義実家に里帰りして赤ちゃんを産みました。 「生後3週間経って落ち着いてきたので、ぜひ赤ちゃんを見に来て」と言われ、車で1時間ほどの義実家へ向かいました。 そこで私は、驚きの光景を目にしたのです。

ベビーベッドには、すやすやと眠り、ぐずり声ひとつ上げない赤ちゃん。 そして、その隣には、つやつやお肌の、穏やかな笑顔を浮かべた義妹。 とても産後の人とは思えません。

里帰り出産の義妹(前編)3

実家の万全のサポートもあって、よく寝てくれる赤ちゃんを産んだ義妹が羨ましい……いえ、妬ましい。 子育の大変さは人それぞれなので、比べても意味がない……と思いながらも、私は次第にもやもやとした感情に包まれていきました。

後編へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・みとうさゆ

みとうさゆの記事一覧ページ

関連記事

【後編】子育ては平等ではない!?里帰り出産で楽しそうに育児をしている義妹が羨ましい
義実家で里帰り出産した義妹。至れり尽くせりの産後を過ごしている彼女を見ているとモヤモヤしてきます。 でも、義妹はそんな私の気持ちも知らず、こんなことを話しかけてきます。 この辺りでモヤモヤが最...
子どものイヤイヤ期「あと1年もすれば楽になるよ」と励まされたけど……遠い光より近くの小さな光に救われた話
娘がイヤイヤ期ピークだった2歳の頃のお話です。 ある日、児童館で遊んだ後。娘に「もう帰るよ」と声をかけたとたん、まだ遊び足りなかったのか「イヤアアア!」と癇癪を起こし床をゴロゴロと転がり泣き出しまし...
妊娠・出産 に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
「里帰り+よく寝る赤ちゃん」