いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

猛暑で家の冷房をつけっぱなしだったママたち、電気代はいくら払った?節電方法は?

pixta_68218150_M

暑い時期には、家のなかでじっとしていても身体から汗が吹き出してきそう。部屋のエアコンで冷房をつけ、出てくる冷気を浴びるとほっとするのではないでしょうか。ただ家計を預かるママは、エアコンをずっと稼働させていると電気代が跳ね上がるのでは……と心配になりますね。

『エアコンをほとんど毎日2台以上つけてる人、電気代はいくら?? 1日中とか夜の寝る時間だけでも2台つけてるとかでもいいから教えてほしいなー』

気温が高く熱中症の心配がある日は、ニュースなどで「無理せず冷房を使うようにしましょう」と呼びかけられることもあります。しかし暑いからと常に家の冷房をつけていたら、電気代の請求額を見てビックリ! という可能性も。あなたの家ではこの夏、1ヶ月の電気代をいくら払いましたか?

エアコン2台で電気代はいくらですか?

夏の間「エアコン2台」を「毎日のように」つけていると電気代が心配にもなりますね。特に猛暑ともなると昼も夜も冷房がつけっぱなしに……。果たしてママたちは請求された金額を見てどう感じるのでしょう?

『在宅勤務もあってフル稼働。7月は1万8,000円だった。8月分が怖い~』

『オール電化で夏の最高額1万9,000円(泣)! 猛暑、在宅勤務、外出自粛がモロ電気代に出たよ』

『先月で1万9,500円だったかな。オール電化ね。先月は梅雨だったからそこまでだけど、今月怖いなー。ぼちぼち来るかな?』

『1台は1日つけっぱなし。もう1台は息子の部屋だけど、夜はつけっぱなし。息子が家にいる間はずっとつけてるよ。オール電化で2万円くらい』

『2万円くらいだろーなー。恐怖だ』

『今日銀行に行って記帳したら、2万1,000円だった。わが家史上一番高いと思う』

『24時間つけっぱなしで今月は2万5,000円……。去年と同じ使い方なのに倍の請求がきたんだけど、なんで??? 意味がわからない』

猛暑の影響で電気代がいつもより高いと感じ、「次の請求書が来るのが怖い」「わが家の歴史のなかで最も高かった」などとの嘆きもちらほら……。昼も夜もエアコンをつけっぱなしの環境は、確かに電気代はかかるもの。ただあまりに過酷な暑さをガマンするのは身体に良くはないでしょう。ママたちは家族のために冷房を使うことをためらわず、自分たちが快適と思える設定温度を保つようにしているのですね。

エアコンが3台以上フル稼働している家も!

なかにはエアコンを家族がそれぞれの部屋でつけているため、2台では済まないという家もあるようです。ただ家族によって設定したい温度が異なる場合、それぞれに個別のエアコンがあれば快適に過ごせるというメリットもありますね。ママたちは「電気代が痛い……」とボヤきながらも、家族の健康のための必要経費だからと割り切っているようです。

『3台で1万7,000円前後。子どものオンライン授業が多くて、毎日必ず子どもが誰かしらいるから、子ども部屋のエアコンフル活用が地味に痛い』

『3台で2万3,000円くらいだった』

『エアコン4台、フル稼働で8月分は3万2,800円だった』

『4台で3万5,000円くらいかな』

『リビングのエアコンは26畳用で暑い日は1日の電気代が約200円。寝るときはあと2台つけるから、夜間は合計4台になる。3万5,000円から4万円ぐらいだよ』

コメントでは3台、4台とエアコンの数が増えるにつれて金額も上がる傾向に。4台フル稼働している家では、1ヶ月の電気代が4万円を超えることもあるそう! 驚くような金額が並ぶと、自分の家などまだ安い方なのではと気持ちが軽くなりそうです。

夏場のエアコン代よりも怖いのは冬……?

夏の暑さに悩まされると、冷房をつけっぱなしにしなければならないことをつい嘆きたくもなりますね。しかしママたちからは「本当に心配なのは夏より冬!」という意見も。冬の暖房にかかる電気代を考えると、夏の料金などたいしたことはないと思えるそうです。

『オール電化で1万3,000円ぐらいかな。冬に比べたら安いから夏のエアコン代なんか気にならない』

『夏は1万ちょっとだけど冬は2万5,000円くらい』

『オール電化で7~8,000円だよ。でも冷房より暖房が高いんだよなー』

『1万5,000円だよ。冬場の方が高い!』

『1万4,000円だったー。犬もいるし、つけっぱなしよ。冬、ハロゲンヒーターを使ったら3万で泣いた』

『そう。本当にやばいのは冬なの(笑)』

節電を心がけて工夫次第で安くできることも

なかには電気料金の契約や設定を見直し、電気代が少しでも安く済むよう知恵を絞っているママもいるようです。エアコンの場合は新しい機種の方が電気代が安く済むことも。2002年と2012年と比べると省エネ効果は11%ほども違うことがあるそうなので、古い機種であれば買い替えを考えてみるのもいいですね。冷房の設定温度を2℃上げることで、家庭全体で10%の節電効果が得られるというデータもあります。家族の健康のためにはどうしても冷房をつけざるを得ないと考えるママたちも多いでしょう。電気代が高すぎると感じたらどんな方法で節電できそうか、ぜひご家庭にあった方法を探してみてくださいね。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁 | 節電.go.jp「2.夏の節電生活の基本を知っておく

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

暮らしの知恵 に関する記事一覧
新しいエアコンを買う?もらった中古で我慢すべき?あるママの決断とは 
猛暑が続く夏。こんな日はエアコンの効いた涼し~い部屋で涼みたくなります。あるママの話によると、新しいエアコンを設置したいけど、旦那さんが持ってきたのはおばあちゃんちにあった6年前のエアコンだったそう。...
「光熱費」を“節約”したい!電気代・水道代の効果的な節約方法は?
日々生活しているとかかる電気、水道、ガスなどの公共料金。その使い方によっては結構な節約になるようですが、節約のために気をつけていることはありますか? ママスタコミュニティには、毎月の光熱費に悩むママの...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
エアコンほとんど毎日2台以上付けてる人電気代いくら??