いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】ママ友が理不尽!−幸せそうなママに「気遣いが足りない!」とキレてしまった

私は3歳の娘がいるシングルマザー。旦那と離婚をしたのは娘が生後半年のとき。
子どもよりも自分優先。娘の泣き声を「うるさい!」と怒鳴る旦那に嫌気がさし、関係が悪化して離婚しました。
別れたタイミングで実家に戻ってきたのですが、少し困っていることがあります……。隣家の夫婦です。
隣家の夫婦を見ていると、とても幸せそうです。もしかして私が上手にやれていたらこんな家族になれていたのかな? と思ってしまうことが……。
でもきっと隣の旦那さんも、外面はいいけれど家の中ではグータラしているんじゃない? 子どもと外で遊ぶ姿もあまり見ないし……。私は確かめたくなって本人に旦那さんのことを聞いてしまいました。
【後編】ママ友が理不尽!
【後編】ママ友が理不尽!
最近よく話すようになった娘は「パパ」という言葉をしきりに口にします。

【後編】ママ友が理不尽!
幸せそうに見えるひろみだって、きっと旦那への不満を抱えているはず。
別の日、私は今度はひろみ本人に旦那さんのことを聞きました。
【後編】ママ友が理不尽!
「うちはシングルなんだからさ、気を遣って普通は『そんなことない』とか言うもんじゃない? 父親の話を楽しそうにされると娘も寂しがるんだよね!」ひろみに向かって投げかけてしまった強い言葉。ひろみは、すごく驚いていました。私はその場を去りたくて足早に家へと急ぎ、慌てて扉を閉めました。

【後編】ママ友が理不尽!
その後はなるべく家の前でも鉢合わせしないよう避け続けました。
しかし……小学校の入学式で久しぶりにひろみ親子と再会。旦那さんも一緒です。とても優しそうで子どもへの接し方から子煩悩さが伝わってきます。
ひろみの顔を見た途端、いてもたってもいられなくなりました。
【後編】ママ友が理不尽!
私はこの数年ずっと後悔していたのです。一時の感情で一方的に理不尽な言動をしてしまったことを。
結果的に友達を失っただけで何も満たされなかった。娘も大好きな友達と遊べなくなり、余計寂しい思いをさせてしまった……。
その後、反省をして、「よそはよそ」と気持ちを切り替えることができました。実家での今の暮らしに感謝しなきゃ。そう思ったのです。

ひろみは快く私の過ちを許してくれました。娘たちもうれしそうに「やったー! また遊べる」と喜んでいました。
隣に住んでいるひろみ親子とまた縁を結ぶことができました。またチャンスをくれたことに感謝し、これからも仲良くしていきたいと思っています。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・善哉あん

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

【前編】ママ友が理不尽!−シングルマザーに「気遣いが足りない!」とキレられた
我が家の隣の家には、私の娘と同い年(3歳)の女の子がいるママ友が住んでいます。保育園は違うけれど、子ども同士頻繁に遊びたがります。ママ友はシングルマザー。実家暮らしで両親と協力して子育てしているようで...
【前編】「給付金で帰省して」という嫌味な義母をギャフンと言わせたい!
我が家は義実家から離れたところに住んでいます。飛行機、新幹線を使わなければ帰省できない距離。金銭的な余裕がないわけじゃないけれど、ここ最近は徐々に帰省の回数が減っていました。 あからさまな孫差別...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
ママ友に言われた。私の気遣いが足りないですか?