いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【前編】元奥さんに月々16万円の養育費を払っている。減額して生活を楽にしたい……

元奥さんに月々16万円の養育費を払っている_前編
旦那さんが再婚で、元奥さんに養育費を払っているというママさんがいます。養育費の金額が多く、自分たちの生活も苦しくなってしまっていることをママスタBBSに打ち明けてくれました。

『主人は元嫁への養育費(小学生2人)として、月に16万円払っています。公正証書は作成済みです。離婚をしてから数年後、私と結婚して子どもができて、旦那の借金+養育費+マイホームローン+自分たちの生活で支出があり、かなり生活が苦しいです。借金は結婚後に聞かされ、養育費は結婚前に話はありましたが、私には一切迷惑かけないし、専業主婦でいてくれとも言われ結婚しました。主人は本職と別で夜中にアルバイトをしています。しかしそれでも生活は苦しく私もパートを始めましたが、わが子(うちはまだ未就園児)の貯金もできません。このままどうしたらいいか、離婚した方が楽なのではないかとも思っています』

元奥さんへの養育費の支払いが月16万円、その他に借金の返済や自分たちの生活費もあるため、家計はかなり厳しくなっているようです。それは離婚が頭をよぎるほどのことのようですね。

元奥さんに養育費の減額をお願いしたい

『元嫁へ養育費の減額をお願いしたいのですが、なかなか納得してくれるような人ではないらしいです。元嫁の親がかなり変わった人で、旦那は、「殺されるかもしれない」などと言っています。誰にも相談できず、ここで相談させてください』

自分たちの生活が苦しいために、養育費の減額を元奥さんにお願いしたいとのことです。ただ納得してくれるかと考えると、ちょっと難しいと旦那さんは考えています。このままではママさん家族の生活もままならないのでしょう。養育費については、ママたちからもアドバイスが寄せられています。

養育費は減額できるのでは?

『旦那さんの年収にもよるけれど、一般人で2人分の養育費が16万円は相当高額だと思うよ。借金があるならなおさら無茶な設定。減額できると思う』

『元嫁の立場だけれど、子ども2人に16万円は高すぎる。当時、余程収入があったのかな? 子どもには旦那と同等レベルの生活をする権利があるから払うのは当たり前だけれど、減額できると思うよ。ただ元嫁としては減額は納得ができないだろうから、調停は長引くかもね』

『私は後妻の立場だけれど、減額してもらえたよ。6万円が2万円になった』

ママさんの旦那さんは、現在月々16万円の養育費を払っていますが、他のママからするとちょっと金額が高いように感じられるようです。しかも旦那さんには借金や新しい家庭などもありますから、養育費の減額ができるのでは? とアドバイスがありました。

例えば再婚をして扶養家族が増えたり、転職などで減収になったりと事情が変更した場合には養育費の金額変更ができます。ママさんの旦那さんの場合にもママさんと再婚をして扶養家族が増えていますから、養育費の減額について家庭裁判所の調停・審判を申し立てることができそうです。

仮に養育費が減ったとしても、ママさんの生活が劇的に楽になるのかというと、そうでもないかもしれません。旦那さんには借金や住宅ローンがあることはわかっていますが、問題はその額ではないでしょうか。後編では養育費以外の原因を探っていきましょう。後編へ続きます

参考:公益社団法人養育費相談支援センター「養育費のこと

文・川崎さちえ 編集・blackcat イラスト・森乃クコ

関連記事

【後編】元奥さんに月々16万円の養育費を払っている。減額して生活を楽にしたい……
旦那さんが元奥さんに月16万円の養育費を払っていて、その負担だけで生活が苦しくなってしまっているというママさん。他のママたちから養育費は減額できるのではないか……とアドバイスがありました。とはいえ...
結婚したら旦那はバツイチで子どもが3人いた!後から知った事実に離婚を覚悟したママの苦悩
結婚をしても、さまざまな理由で離婚をしたいと思う瞬間があるかもしれません。いくら幸せな生活をしていると思っていても、旦那さんに嘘をつかれたり、騙されているとわかった瞬間は、離婚が頭をよぎってし...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
元嫁への養育費を減額したい。