いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【前編】子どもから「友だちの親に課題の情報を教えないで」と言われてケンカに……我が子が冷たく感じます

IMG_4525
思わぬことでお子さんとケンカしてしまった経験を持つママは少なくないことでしょう。子どもも成長すると、自我を持ったひとりの人間として意見を言うのは当然のこと。ときには親子で意見が食い違うことがあっても、何の不思議もありません。

今回の投稿者さんもどうやら、ふとしたことからお子さんとケンカをしてしまったようです。

『子どもの友だちのことで我が子とケンカになりました。登場人物は軽度の発達障害であるうちの子、軽度の障害がある友だち、発達障害グレーゾーンの友だちで、3人とも同級生で中学校の普通学級在籍。友だち2人は学校で話を聞き逃すことが多いらしく、よくママたちから質問のLINEがきます。内容は学校の課題、持ち物や服装、行事についてなどがほとんどです。私がわかる範囲で答えたり、子どもに確認して返事をしています』

投稿者のお子さんの友だち2人は学校での話を聞き逃してしまうことが多く、お友だちのママから頻繁に質問のLINEがくるのだそう。投稿者さんは自分で答えたり、お子さんに聞いて返信したりしているようですね。

『昨日の夜と今朝もママ友たちから質問がきていました。返信をしようと子どもに確認したところ、すごく怒り出しました。子どもの言い分を要約すると「なんでもかんでも自分に聞かないで、少しは自分で考える工夫をしてほしい。私が質問の内容に答えるのは相手のためにならないと思う」といった内容でした。ママ友たちは高校受験を見据えて、提出日の期限や内容、評価を気にしています。受験や進路が心配な気持ちは私もよくわかるので、できる限り協力したいなと思ったのですが、子どもは「それは人助けにはならない」と言います。我が子ながら冷たいなと思ってしまいます』

ママ友から聞かれるがままに情報を教えていたところ、お子さんから「やめてほしい」と拒否されてしまいます。「質問に答えてばかりでは相手のためにならないと思う」と主張するお子さんに対して、「冷たい」と感じてしまった投稿者さん……。2人の意見は平行線をたどり、ケンカにまでいたってしまったようですね。このケンカの内容を見て、ママたちからコメントが寄せられました。

お子さんが正しい!教えてばかりでは相手のためにならない

投稿者さんの説明を聞いたママスタBBSのママたちは、「お子さんが正しい」と考える傾向にあったようです。

『投稿者さんのお子さんが正しい。ほかの登場人物はみんな変わっている印象。特に投稿者さんは人のためじゃなくて、自分の保身のために力になってるだけのように感じる』

『毎回毎回聞かれたら鬱陶しいと思う。お子さんの言うとおり、いつまでも他に頼るのはどうかと思う。今後はもう教えないようにしたら?』

『私も投稿者さんのお子さんの言うことが正しいと思う。投稿者さんはママ友にいい顔をしたい気持ちもあるのでは? 「たまにならいいけれど、しょっちゅう聞かれるのは負担」と言ってみたら?』

『投稿者さんのお子さんは冷たくないよ。ちゃんと相手を考えている。自分が困らないように、自分で確認したり先生に聞くことも必要だよ。甘えて「誰かに聞けばいい」と言う考えになる人たちがおかしいよ』

「教えてばかりでは相手のためにならない」と考えるお子さんは、本当に相手のことを思いやっているのでは……と考えるママたち。逆に投稿者さん自身に対しては「ママ友にいい顔をしたいという気持ちがあるのでは?」との疑いの声まで上がりました。もちろん投稿者さんは「いい人に見られたい」という下心よりも親切心からママ友に情報を教えているのでしょうが、親切にふるまうことばかりが相手のためになるとは限らないこともあるのかもしれませんね。

相手のことを考えてあげるべきなのは……?

「お子さんの言い分のほうが正しいように見える」と話すママたちの意見に対して、投稿者さんは以下のように回答しました。

『子どもの言い分のほうが正しいですか……。子どもの話だと友だちは授業中にぼーっとしていたり、常に喋っていて話を聞いてないのだそうです。でもそれは特性上仕方のないことだから責めるべきことではないと思うんです。うちの子も発達障害があって、本人もその自覚もあって苦労してきたはずなのに、友だちのことを思いやれないものなのかな……と思ったんです』

お子さんの話によると友だち2人はいつも先生の話を聞いていないように見えるとのこと。しかし「それは発達障害などの特性であり、子ども自身も同じように苦労をしているはずなのだから、理解をしてあげてほしい」と考えている投稿者さん。もっと相手に対して思いやりを持つ子になってほしい……と願う投稿者さんに対して、ママたちからは「むしろ投稿者さんが、子どもの気持ちを考えてあげてほしい」との声が集まったようです。

後編へ続く

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・ちなちなつ

関連記事

【後編】子どもから「友だちの親に課題の情報を教えないで」と言われてケンカに……我が子が冷たく感じます
ママ友から聞かれるがままに、課題や行事などの情報を教えていた投稿者さん。しかし「なんでもかんでも教えるのは相手のためにならない」と主張するお子さんとケンカになってしまったようです。「もう少し友だち...
グレーゾーンの我が子の「発達障害の検査」をためらうママ。診断されたら将来どんな不安があるの?
我が子が健診で発達障害の「グレーゾーン」だと診断された投稿者。その後、発達が追い付いてきたように感じられたので、発達障害の検査を受けるか悩んでいるそうです。「今後、子どもが生きていくうえで、その診...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタジアム
友達の事で子供と喧嘩になりました(長文)