いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

親友のママ友からモンスターペアレントにされてしまいました #本当にあったママ友トラブル

同居していた実母が亡くなりました。病気のことを知っていた私は覚悟ができていましたが、娘が予想以上にショックを受け元気のない日々が続いていました。「幼稚園に行きたくない」という日が続き、登園しても以前のように活発に過ごせていないようでした。そんなある日、娘の様子を見かねた担任の先生からお迎えのときに声をかけられました。
コミック2_001
「お世話係」というのは小学校でいう委員長のようなもので、先生に代わってクラスのまとめ役になったりする一番人気の係です。普段は月初めにクラスみんなで相談して決めているようでした。その場で娘に意思を確認したところ「やりたい」と言うので、翌月「お世話係」をさせてもらうことになったのですが……

コミック2_002
こちらが挨拶しても、会釈や手を挙げるくらいですぐに去っていくし、LINEのやりとりも用件のみで今までとは明らかに様子が違いました。その後、友達ママとの関係が決定的に変わってしまう出来事が起こります。

コミック2_003
コミック2_004
まさか自分がモンペと言われるなんて……。娘を想うがあまり、本来と違う決め方での「お世話係」の提案を素直に受け入れてしまったのは事実です。でも多くのママ友たちから無視をされるほど、そこまでのことを私はしたのでしょうか。少しの行き違いでこんな状況になってしまうなんて。友達ママが率先して「私がモンスターペアレント」だと広めているようですし、もう修復は不可能かなと思っています。元々私のことで不満などが募っていて、今回のことでそれが噴出したのかもしれないとも思います。「遅かれ早かれ、こうなっていたのかもしれない」そう思うことで自分を納得させながら、卒園までの日を指折り数える毎日です。

脚本:編集部 作画・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

ママ友 に関する記事一覧
【前編】近所の公園が封鎖中……ママ友がマンションのプライベートパークを使わせてほしいと言ってきた
新型コロナウイルスの影響で、子どもたちがいつも遊んでいた公園が続々と封鎖されつつあるようです。少し前まではとても考えられない状況に、ママたちの「子どもはどこで遊ばせたらいいの?」という悲鳴に近い声...
【後編】近所の公園が封鎖中……ママ友がマンションのプライベートパークを使わせてほしいと言ってきた
「マンションのプライベートパークを使えるように取り計らってほしい」と、入居者ではないママ友に頼まれた投稿者さん。「なんとかうまく断る方法はないか」と悩む投稿者さんに対して、ママたちからはいくつかの...