いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ママたちが幸せだと感じる瞬間。こんな時期だからこそみんなで優しい気持ちになろう!

pixta_6027160_M
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、今後どうなるのかと不安な日々を送っていることでしょう。ママスタコミュニティにはそんな生活の中でも小さな幸せを見つけて、ほんわか優しい気持ちになっているママたちの声が寄せられています。みなさんが最近感じた小さな幸せとはどのようなものでしょうか。無邪気な赤ちゃんの笑顔や可愛い仕草に思わず笑顔になってしまうママも多いでしょう。子どもの成長を感じて喜ぶことはもちろん、普段の何気ない生活からふと感じる幸せ、今だからこそ感じる幸せなど、ママスタコミュニティに寄せられたたくさんの小さな幸せをご紹介します。

何より楽しそうに過ごす子どもたち

こんな時期だからこそ我が子が健康で楽しそうにしている姿を見ていると、それだけで幸せというママたちの声が多く寄せられています。

『子どもが学校楽しかった! と元気に帰ってきた』

『コロナなんて意味がわからない子どもが無邪気におもちゃで遊んで、楽しそうにしているのを見るのが幸せ』

『子どもが変なことして笑っている姿を見たこと』

『休校になってから中学1の息子が、最近イライラ反抗期気味だったけど、いっぱい笑顔を見せてくれている』

『息子と2人で卒業文集見ていて爆笑したこと。今日は楽しい気持ちで寝られたらといいな』

子どもと一緒に大笑いして楽しい時間を過ごすこと。きっとママだけでなく、子どもたちも幸せを感じているでしょうね。

ママ大好きな子どもたちが愛おしい

子どもたちからの愛情表現に幸せを感じているママたちの声です。

『座っていたら、ちょこんって膝の上に乗ってくる息子。いつも怒ってばかりでごめんね』

『家事の合間にほんの少しビーズクッションに腰下ろすとすかさず2歳と0歳が寄ってきて我先にと抱き付いてくる。全然休めないし、かなりもみくちゃだけど幸せ』

『毎晩寝るときに子ども3人がママの隣争奪戦を繰り広げること』

『子どもが文字を書けるようになって、「ままだいすき」ってお手紙を毎日くれること。たまにふざけておしりって書いてくれるけど、「し」が上手に書けなくて反対になっているのも愛おしい』

大好き大好きと言ってママにくっついてくれるのも今のうち。可愛い時期を思う存分堪能したいですね。

相手を思う気持ちが心の豊かさを生む

小さな子どもの精一杯な優しさにほっこり

まだ小さな子どもが精一杯の優しい気持ちを示している姿を見ると、何とも言えない穏やかな気持ちにさせてくれますね。

『私がテレビを見て感動して泣いていたら、おもちゃで遊んでいたはずの2歳の息子が走ってきて、「ママ泣かないよ? どーたの? よしよし」って頭ポンポンしてくれて、「もう大丈夫だからね? 怖くないからね? ね?」って顔覗き込んでギューしてくれた』

『2歳の上の子が生後1ヶ月の寝ている弟に自然に布団をかけていたこと』

『今日、弟(2歳)の親指が少し切れているのを見た姉(4歳)が、「血は出てないけど、お姉ちゃんの絆創膏貼ってあげるからね」と言いながら大事にしているキャラクターの絆創膏を貼ってあげていました。そのやり取りがほっこり幸せでした』

反抗的になってきた子どもが……これは嬉しい優しさ!

普段は憎まれ口を叩く反抗期の子どもたちを持つママからの素敵な声が寄せられています。

『「頭痛がする」と言ったら、「俺も早く寝るから母さんも早く寝なよ」と中2の息子に言われたこと』

『体調崩して熱だしたら、反抗期中の息子が無言で冷えピタシート貼ってくれた』

『息子が座っている私の後ろを通るとき、ふいに肩揉みしてくれた。その力加減が上手になっていて成長と優しさを感じた』

お互いにイライラしてぶつかり合ってしまう反抗期。けれど、お互いを想う気持ちはしっかり伝わっているようです。素敵なママとお子さんたちですね。

見ず知らずの人からの優しさが身にしみる

困っている人がいても自分には関係ないと見て見ぬ振りをする人、助けてあげたいと思ってもなかなか行動に移せず結局通り過ぎてしまう人もいるかもしれません。そんな中見ず知らずの人からのちょっとした優しさをうけると、とてもありがたく嬉しいですよね。ママスタコミュニティにもコメントが寄せられました。

『信号機のない横断歩道で、車が通り過ぎるのを待っていたら、新聞配達のバイクのおじさんが止まってくれたんだけど、対向車がなかなか途切れなくてやっと渡れそうになったときに、おじさんが対向車数台に向かって「コラー! 止まったらんかいーっ!」って言ってくれたこと。みんながこういう心持ちで運転していると、事故は減らせるのかもしれない』

ひとりひとりが優しい気持ちを持っていたいですね。

一番身近な人からのさりげない優しさ

素敵なご夫婦関係が垣間見られるコメントが寄せられましたのでご紹介します。

『旦那が朝お皿洗いしてから仕事に行ってくれた』

『昨日の夜アイス食べたいなって言っていたら、旦那が今日仕事終わりに買ってきてくれた』

忙しい日々の中、何年も共に生活していると置き去りにしていまいがちな「相手のことを思う気持ち」を忘れないようにしたいものです。お次は我が子とパパの嬉しい言葉にほっこりしたママからのコメントです。

『たこ焼きしようとしてタコ買い忘れて、年長の息子におつかいを頼んだら、めっちゃ笑顔で「1番安いタコ買ってきたよ!」って言われてタコ見たら、20%オフのシールが貼っていて、何だか幸せと言うかほっこりした。その後、夫から「ママの教育が行き届いているね」って言われて、なんか嬉しかった』

ママの喜ぶ姿を見たいと思う男の子の優しい気持ちと、それを見守るパパと、そんな二人を見て幸せだと思うママと……きっと素敵な親子関係なのだろうと想像します。相手のことを思う気持ち、それが幸せの源ですね。

何気ない日常を過ごせることが幸せ

住む家があって水道・ガス・電気が通っているという最低限の生活が脅かされた経験のあるママからのコメントが寄せられました。

『震災を経験したからか、ライフラインが整っていて夜は自分の布団で寝られるのが幸せです。早く収束しますように』

また、新型コロナウィルス感染症の影響から沸き起こったパニック買い現象についてのコメントも。

『今日は近くのスーパーにトイレットペーパー山積みになっていて、なんか幸せな光景だなーってうっとり眺めてしまった』

他にも子どもとの日常に小さな幸せを見つけて心豊かな時間を過ごしているママたちもいます。

『今日中1と小5の息子2人と公園でサッカーして、ホームセンターへ行って用事済ませて、タピオカ飲んで帰ってきたんだけど、なんか幸せだった』

『息子の発達の検査しに、家から電車2回乗り換えてそこから20分歩いて支援センターに行っているけど、そのセンターの近くにすごく美味しいおにぎり屋さんを見つけたこと。遠くて車あったらな……と思いながら連れて行っていたけど、おにぎり屋さんでおにぎり買うのが楽しみで早く行きたい! と思う』

美味しいものは幸せを呼ぶ!

やっぱり美味しいもの、そして普段食べないようなちょっと贅沢な食べ物は気分も上がりますよね。

『今日は分厚いお肉焼く!』

『パート休みの日の平日に、少し離れた回転寿司で1人お寿司を食べることかな。子どもたちに罪悪感で、帰りにケーキ買って帰るけどね』

そしてビール好きには共感を呼ぶのではないでしょうか。多くの賛同の声が寄せられたコメントがこちら。

『ビールがうめぇ』

筆者も自宅にいる時間が多くなったので、アルコール摂取量が増えている今日この頃です……。

小さなことでも嬉しいという気持ちを持つこと

投稿者のママからの素敵な言葉が寄せられていましたのでご紹介します。

『ここの皆は幸せな人達だね。小さなことで喜べるって大切。幸せ見つけ上手!』

小さなことでも喜ぶことができること。今のこの時期だからこそ、少しでも優しい気持ちを持って過ごしたいと思います。

文・ゆかりんご 編集・木村亜希

関連記事

毎日笑顔で乗り越えよう! に関する記事一覧
朝から晩まできょうだいケンカばかり。休校中のママのお悩みも考え方ひとつでメリットが見つかるかも
休校期間が長くなるにつれて思うように外出もできず、ストレスが溜まっている人は少なくないでしょう。アクティブな毎日を過ごしていた子どもたちなら、なおさらではないでしょうか。持て余した時間とパワー...
休園中、家事の負担を軽減してくれた”夫の行動”とは
時刻は夕方。 毎日コロナの報道が続く中、本日もあっという間に夫の帰宅時間です。 「お帰り」「ただいま」のあいさつを交わしながら夫の片手にはスーパーの袋、私がメールして会社帰りに買ってきて貰った...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
最近の小さな幸せ教えて