いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ボウルもフライパンも使わずラクチン! 忙しい朝を手軽に乗り切る「マグカップ朝ごはん」レシピ3選

1

忙しい朝、子どもに朝ごはんを食べさせることは大仕事というママも多いのではないでしょうか。時間がないなか、自分と子どもの支度を済ませるには、朝はなるべく洗い物や調理が不要なメニューで乗り切りたいもの。そんなママにオススメしたいのが、マグカップだけで完成する朝ごはんです。今回は筆者オススメの「マグカップ朝ごはん」レシピを3つご紹介します。どのレシピもマグカップに材料を入れて電子レンジでチンするだけ! ボウルもフライパンも不要なのでとってもラクチンです。

フライパンなしでオムライスができちゃう!「マグカップオムライス」

見た目にもかわいらしく、ボリューミーで食べ応えも十分なオムライスからご紹介。子どもと一緒にケチャップでお絵かきをすれば、ご機嫌に食べてくれるかもしれませんよ。

2

材料
・ご飯:1杯
・ツナ缶:小1/2
・トマトケチャップ:大さじ 1
・スライスチーズ:1枚
・溶き卵:1個
・トマトケチャップ:大さじ 1
・パセリ(乾):お好みで

作り方
1.マグカップにご飯、ツナ、トマトケチャップを入れ、よくまぜる
2.スライスチーズをのせ、溶き卵を流し入れる
3.ラップをして電子レンジ(500W)で2分半加熱
4.トマトケチャップをかけて完成

材料はご飯とツナ、トマトケチャップだけ。なのにしっかりとチキンライスの美味しさが再現できます。「もっと野菜を食べさせたい!」という人は、湯通ししたピーマンや玉ねぎのみじん切り、ミックスベジタブルなどを加えてもいいかもしれません。お好みでパセリをかけると彩りがよくなります。

ママのおやつにもオススメ!「マグカップフレンチトースト」

子どもの朝ごはんにだけではなく、ママのおやつにもピッタリなフレンチトーストをご紹介します。

3

材料
・食パン:1枚(6枚切り)
・卵:1個
・牛乳:大さじ4
・砂糖:大さじ1
・バニラエッセンス:適量
・メープルシロップ:適量

作り方
1.卵を割って、牛乳、砂糖、バニラエッセンスとまぜる
2.食パンをちぎってマグカップにいれ、1とまぜあわせる
3.ラップをかけずに電子レンジ(500W)で3分ほど加熱
4.メープルシロップをかけて完成

食パンがふわふわになり、本格的なフレンチトーストができあがります。メープルシロップをはちみつで代用する場合は、1歳未満の赤ちゃんには与えないように注意してくださいね。

バターとコンソメで本格的にできる「マグカップリゾット」

食欲がない朝でも食べやすい「マグカップリゾット」です。

4

材料
・ご飯:マグカップに軽く半分
・トマトジュース:200ml
・コンソメ:小さじ1/2
・バター:小さじ1
・スライスチーズ:適量

作り方
1.マグカップにご飯、トマトジュース、コンソメ、バターをいれる
2.ラップをして電子レンジ(500W)で2分加熱
3.よくかきまぜて、上にチーズを乗せて完成

トマトジュースの旨味とバターの風味がマッチして、美味しいリゾットになります。朝はジュースや牛乳しか受け付けてくれないという子どもでも、このリゾットなら食べやすいはず。

忙しい朝ごはんは「マグカップレシピ」で時短効果アップ!

どのレシピも具材を切ったり火にかけたりする必要がないので、ものの数分で朝ごはんが完成します。今回は少し大きめの350mlのマグカップを使用しています。お手持ちのマグカップの大きさに合わせて量を調整してみてくださいね。またどのレシピも電子レンジやマグカップの種類によって加熱時間が異なるため、できあがりの様子を見ながら少しずつ調整してください。これからの忙しい朝はマグカップ朝ごはんで乗り切りましょう!

文・秋山悠紀 編集・櫻宮ヨウ

関連記事

子どものお昼ご飯がカップ麺はアリ?栄養面で不安があるママが子どものためにできることとは
子どもの食事に関して、あるママから投稿がありました。 『子どものお昼ご飯がカップ麺はありえないと思う。みんなはどう思う?』 子どものお昼ご飯をカップ麺で済ませるのは、栄養面でもありえないと投稿...
生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【中編】
保育園へ預けて働くか、それともやめておくか。夫とも相談しましたが、たいした答えも出ないままに、4月を迎えました。息子は5ヶ月になり、首がすわり、うつ伏せもできるようになり、表情が出てきた分、ますます可...
生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【後編】
息子の生まれ月と保育園の入園時期の関係で、息子が生後5ヶ月のときに職場復帰をした私。職場復帰後は搾乳した母乳をトイレに流し、時短勤務で思うように仕事ができない日々を過ごすことになりました。夫はそんな私...